忍者ブログ
歪曲能力


色眼鏡で見れば騙される。色眼鏡「を」見ていなければならない。
「在る」がマインドを超えているというのは単なる仮説だ。


その仮説の検証のために、色眼鏡「を」見れる位置にとどまりつづける。


それが中断するとき、またはすべり落ちるとき、歪曲が断続的に挟まれる。
まっすぐ見ているつもりで、像は歪んでいる。


もしサーダナ(修練)が複雑な工程として捉えられているなら、間違いだと思う。
本当は極限までシンプルだからこそ
「何も逃さない」いまの何も逃さない。


フィオラが警告するのは他の全てを知ろうとしてもマインドは常に
「私だけ」逃しているということだ。錯覚を見破れないのは、未調査だからだ。nobody
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
04 2017/05 06
S M T W T F S
25 26 27
28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]