人は死亡する際(また誕生する際も)、二つの路線の内のどちらかにいます。
一つは大神様の主宰する本線にいる場合。
もう一つは勝手に興奮し、勝手に絶望する自己都合の輪廻、七転び八起き線とでもいえばいいのでしょうか。人間の多くがハムスターのように「法則として、自分で廻したから自分で走らされている」囚われの路線です。
これを勧告するためにここにいます。


いま、本線にもどってください。
もうあとでは間に合いません。


意外に思われるかもしれませんが、下界と呼ばれる地上界の汚れが問題になっているわけではないのです。
本当に汚れているのは、上の、世界なのです。


今まで人生の中で、右に行くか左に行くか数々の選択があったことと思います。
その壁の材質、迷路の材質は、上の世界を覆う、この「汚れ」でできていました。どういう意味かは自力で確かめてください。


あなたが誕生する際、多くの基礎的な確認を済ませました。覚悟は勿論、すべてはこの
「本線上で」
行われるという意思確認です。過去に複数の人生で負った傷をどう扱うか、どう対峙するかも本線の計画に基づいています。今、多くの方(70~80%)の現状は、これらの契約をまるでなかったもののように扱ってしまっており、形骸無実化しています。それで大変困るのは、死亡時に本線にいなかった方たちです。


もしこれが困らないなら、あとでどうこうできるなら、こういう連絡はいたしません。


わたしが手助けできるのはこれが最後かもしれません。
ですから真剣に検討いただけることを願います。


いま、もどってください。もう間に合いません。


2018年8月28日


(上記の内容を9月15日から残しています。n)


より大きい力が襲うたびに、人は認識の中の神の比率を高めます。どうしようもなくなるからです。物事の配置全般が主の力であることを信じる率が高まると、力みが消えていきます。自分では全力を出しきっても最初からはるかに遠く及ばないことがわかるから。そうなると逆説的ですが自分の力の伝導効率は上がります。より冷静に自分や環境さえ一個の道具のように見れるようになっていくからです。だから、私的目的がない、というのは実務上にも大きな影響を与える要因です。


いい社会は笑顔のこぼれる社会です。子供は子供らしくみな笑い走り、泣いて泣いてまた笑います。大人も子供のように笑う社会であればあるほど、生命の活力に満ちた社会です。


経済が廻って発展していくときに「神との関係」を見失ってしまっていると、笑顔は変質していき、人々は魂を覆った澱みによって顔が曇っていきます。
今日自分が出会った物事に対して、出会うだろう物事に対して澱みなく向き合える人は、無意識に神との和解がなっている人だと思うんです。


本線に戻るよう要求される人というのは、もう久しく自然にこぼれる笑顔がない人かもしれません。緊張していたり、闘争していたり、私闘しています。私の闘いです。それしかないと思っているかもしれないし、神など存在しないと思っているかもしれません。冷たい世界観であればあるほど、孤軍奮闘しているような気になって必死かもしれません。傍の笑顔に気づく余裕はありません。


幼稚な人間は、自分も含めて多いです。でも人が絶望するのはそういう人が多いことではなくて、神がいないと感じていることに心の奥底のほうで絶望しています。真底恐怖しているんです。そういう人の状態はすべてが防衛反応、防衛戦略です。n


08 2018/09 10
S M T W T F S
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
Fiora & nobody