人は死亡する際(また誕生する際も)、二つの路線の内のどちらかにいます。
一つは大神様の主宰する本線にいる場合。
もう一つは勝手に興奮し、勝手に絶望する自己都合の輪廻、七転び八起き線とでもいえばいいのでしょうか。人間の多くがハムスターのように「法則として、自分で廻したから自分で走らされている」囚われの路線です。
これを勧告するためにここにいます。


いま、本線にもどってください。
もうあとでは間に合いません。


意外に思われるかもしれませんが、下界と呼ばれる地上界の汚れが問題になっているわけではないのです。
本当に汚れているのは、上の、世界なのです。


今まで人生の中で、右に行くか左に行くか数々の選択があったことと思います。
その壁の材質、迷路の材質は、上の世界を覆う、この「汚れ」でできていました。どういう意味かは自力で確かめてください。


あなたが誕生する際、多くの基礎的な確認を済ませました。覚悟は勿論、すべてはこの
「本線上で」
行われるという意思確認です。過去に複数の人生で負った傷をどう扱うか、どう対峙するかも本線の計画に基づいています。今、多くの方(70~80%)の現状は、これらの契約をまるでなかったもののように扱ってしまっており、形骸無実化しています。それで大変困るのは、死亡時に本線にいなかった方たちです。


もしこれが困らないなら、あとでどうこうできるなら、こういう連絡はいたしません。


わたしが手助けできるのはこれが最後かもしれません。
ですから真剣に検討いただけることを願います。


いま、もどってください。もう間に合いません。


2018年8月28日


(上記の内容を9月15日から残しています。いくつか解釈の仕方はあると思うんですが、結果は二つしかないです。戻るか、戻らないかです。戻ることが正解かどうかだって、わかりはしません。肝心の戻り方だってわからないんですから。n)


だからというわけではないんですが、別の書き方をしてみます。震度7を引き起こした何者かがいると仮定して、その何者かとこのメッセージを私は結び付けて捉えたかどうか。私は、結び付けました。結び付けていなければ、このメッセージを書きませんでした。死者の数が41人だったことも偶然とは見ていないです。41はご存知かもしれませんが「ラ(良)」を意味します。死者には若者も含まれていました。


震度7をこの地上で引き起こすためには莫大なエネルギーが必要で、私はそれをする主体がいた場合、メッセージを出した「タイミングを軽視できるか?」を自分に問いかけました。答えは即答で、「できない」でした。


どうして「もう間に合わない」のか。不穏な予想はいくらでもできます。そして無意味です。一つの提案として受け取り、自己責任で決着をつけるしかありません。


こんな日記は、私の独り言も同然です。誰への波及作用も無に等しいでしょう。それなのに、私にこの手のメッセージを送ってくるなら、せめてご縁ある少数の人に事実だけを明示します。10年後100円ショップで買うマゴノテぐらいは役に立つ可能性はゼロではないんだから。


人生への取り組み方が、完全な自己都合から、
完全な「協同型」へ転換する最終期限のタイミングだということなのでしょうか。それとも、上を仰ぐ体勢になっていない場合は、その他もろもろとともに排除されるという警告なのか。私は本音ではたぶん後者だろうと思っているんです。n


08 2018/09 10
S M T W T F S
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
Fiora & nobody