わたしはだれでしょう


フィオラ、だとはかぎりません。nobodyに聞いたとしても彼も大断章や峠について意見を改めるつもりもないでしょう。


人は死亡する際(また誕生する際も)、二つの路線の内のどちらかにいます。
一つは大神様の主宰する本線にいる場合。
もう一つは勝手に興奮し、勝手に絶望する自己都合の輪廻、七転び八起き線とでもいえばいいのでしょうか。人間の多くがハムスターのように「法則として、自分で廻したから自分で走らされている」囚われの路線です。
これを勧告するためにここにいます。


いま、本線にもどってください。
もうあとでは間に合いません。


意外に思われるかもしれませんが、下界と呼ばれる地上界の汚れが問題になっているわけではないのです。
本当に汚れているのは、上の、世界なのです。


今まで人生の中で、右に行くか左に行くか数々の選択があったことと思います。
その壁の材質、迷路の材質は、上の世界を覆う、この「汚れ」でできていました。どういう意味かは自力で確かめてください。


あなたが誕生する際、多くの基礎的な確認を済ませました。覚悟は勿論、すべてはこの
「本線上で」
行われるという意思確認です。過去に複数の人生で負った傷をどう扱うか、どう対峙するかも計画に基づいています。今、多くの方(70~80%)の現状は、これらの契約をまるでなかったもののように扱ってしまっており、形骸無実化しています。それで大変困るのは、死亡時に本線にいなかった方たちです。


もしこれが困らないなら、あとでどうこうできるなら、こういう連絡はいたしません。


わたしが手助けできるのはこれが最後かもしれません。
ですから真剣に検討いただけることを願います。


いま、もどってください。もう間に合いません。


2018年8月28日


(上記の内容について補足します。nobodyです。これを書くかどうかを今日まで迷っていました。理由はまた簡単で、私一人に対し個人的内容として言っているのかとも感じたからです。本当は9月6日あたりに日記を再開しようかと思っていたのですが、あの地震でまた気が変わりました。液状化した清田地区の状況を見て、地盤についても指摘を受けているような気がしたのです。一見、外観は問題ないように見えるが、その下の地盤、その下の路線が問題になっている。一般にイメージされる輪廻転生が起こる原因を上の方々はこうおっしゃっていました。生涯を通じて、「ゆるせなかったことの引力」により、「神の心から離れてしまった距離」により、地上に「引き戻される」と。
それは現実に目に見える形で現れます。日々の言葉、気分、態度です。一言で言うと、日々の言葉です。神との関係は3年分を一気につめることは不可能です。一日一日にどう感謝し、どう対峙し、どう向き合ってきているのか、向き合っていないのならいま自己操縦の路線から大神様に訊く中心自動操縦路線に戻さないと死亡する事態が起こった場合、不都合があるという指摘のようでした。
この内容は今から一週間程度は最上部に残します。n)


ここから下は私です。


たとえばの話です。
5歳の誕生日から6歳の誕生日までに起こったすべての出来事は、つながっています。11歳から27歳までの間でもつながっています。これは線でつながっているようなもので、レールの線路は途切れていないということです。では、誕生の瞬間の前と、死亡の瞬間の後はどうでしょうか?
目に見えないから棒線ではなく「点線」のようなものですが、点線が、続いている可能性があり、それとも「無」が待っているだけなのか意見は二つに分かれます。点線は多くの場合は、推測です。ごく少数点線を実際に「知っている」と主張する者もいますが、真偽は不確かです。お金が絡めば多くの場合は詐欺かもしれません。自分で体験して確かめるしかありません。自殺だけは厳禁(どうして厳禁なのか混乱してわからなくなっている方も多いので注意です)ですので、自然の命じるタイミングでのみ確かめることができます。


この線路が、続いていると仮定して、点線の世界には点線の世界の道理があるはずです。楽園というのは、条件がありまして、楽な世界や楽しい世界のことではありません。楽園の条件はただ一つ、そこに「神がいること」です。もっとわかりやすく言えばそこに「神を感じられること」です。神がいない世界、神が感じられない世界こそが「楽園ではない世界」です。その意味で、神がすべての時、すべての場所に遍在しているのなら、この地上も「楽園」です。ですが、神が感じられることが条件と言うのなら地上が楽園であるかどうかは「人によります」。


「神が感じられること」を楽園の条件とするなら、神を感じるその力、神を感じるその関係性を鍛えることは、「神の目から見た善」である可能性があります。たとえそれが、人間界では圧倒的な苦難と悪辣な所業の板挟みであったとしても、己が誇りを失わず、「神を探そうとするなら」「救いを求め、神を求めるなら」「盲目の方が手さぐりで闇の中に神を見いだそうとするなら」その過程は「神界が許容する善なる過程」である可能性があるのです。


結果として「神との関係性」を強化できるなら、地上で何が起ころうとそれは善と見なされる可能性がある、ということです。一夜の夢の登場人物やストーリーラインよりも、存在の、存在による、神との関係の強化が成るか、ならないか、です。


よって苦難に遭っている人に望まれることは、闇雲に歯をくいしばることではなく、遭遇の意味を神に訊き、浄化の方向性を神に訊き、私心での願い事を決してせずに、神にゆだねること。一つ一つの山に対してそれをすることです。


子どもの所有権は人にはありません。すべての所有権は神にあります。
よって悩みの主体も対象も、オーナーは神なのです。
こちらには借地権もない可能性があります。
権利の主張の前になされるべきことは、それを踏まえれば自ずと見えてくるのかもしれません。


厭らしいアイツやソイツの顔も、その光景を見せられている意味は、オーナーだけが知りうるものです。そして私、はオーナーではありません。その奥に隠された、別の目的には気づくことができない可能性が高いのです。


人生の個別の詳細をご存知なのは、実は1階の自分ではなく、2階の自分です。
2階の自分が仕組んでいるからこそ、1階の自分は逃げることができないのです。
1階の自分はつっぱろうとしますが、つっぱってもらうことが目的で起こっていることではないのです。すべては神との関係を強化するために、2階の自分が自分で決めたプログラム。
1階の自分には申し訳ないことですが、つっぱらせずに協力体制を敷きたいと思っているのです。n


この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
08 2018/09 10
S M T W T F S
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
Fiora & nobody