忍者ブログ
糸井さんの今日のダーリンから引用させていただきます。


引用はじめ



親父と息子が、同じ映画を観に行ったとする。
その映画の内容について、
したかったらさんざん論争をするのもいいさ。
知識だの感性だのを総動員して語り合うこともできる。
しかし、たとえばね、
「たまに親子で映画館に行くってのは、いいもんだな」
なんてセリフは、あんまり利口そうじゃないけれど、
とてもなにか根源的なところを語ってるような気がする。
知性も教養もいらないかもしれないし、
どんな情報も含んでない会話だとしても、
ずいぶん大事なことが言えているように、ぼくは思う。
そっちを、もっと大事にしたいよね、と。
こんなふうな話もしたのだった。



引用おわり


若い頃のわたしはこれ、全然わからなかったです。
自分が!正しいか!正しいことを証明できるか!
なぜなら一秒一秒世の中が怖いから!
という感覚だったのでいつも逃げ回っていました。


世の中が怖いのは、自分が神と分離されたと決めつけているから怖いんです。


実はその神様って言うのは、
自分を含む、すべての目の前をよぎる人に対して
あたたかい共感と思いやりの心がもてること、その中にしか反映されないって知らなかった。


愛と叡智はひとつです。
愛とは、
自分と、この世界の全員に徒手空拳で寄り添えることです。


常に寄り添えるので、愛を選ぶ責任は自分だけにあります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
11 2017/12 01
S M T W T F S
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]