銀行強盗が人質をとって立て籠もっています


交渉担当の警部はトランプさんという名前です。当初は譲歩しない交渉をすると口にしていましたがいまや「(武装解除は)急がない」と。人質は現在進行形でひどい扱いを受けており、人質もろとも周囲数ブロックを吹き飛ばしうる脅しに交渉は難航中です。この警部さんの見識も疑わしくなってきています。彼は前任者の「戦略的忍耐」をあれほど馬鹿にしていたのにもかかわらず、いま実際にやっていることは戦略的忍耐その2です。このことからも、彼の発言が浅慮から来ていることは残念ながら明白です。n
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
nobodyさん、こんばんは。
この間は、返信ありがとうございました。
落ち込むとき、落ち込みきることができればいいんですけど、どうしても中途半端でした。一人じゃないことを信じて、それをもっと受け入れればいいと思っていたんです。ひとりぼっちなのかを確かめる理解のほうなんですけど、やっぱり私には難しく感じます。この事は私なりに思うことがあると思うんですけど、今は、うまく言葉にできません。でも、落ち込んでいるときは、心の片隅で大波を受け入れるチャンスかもって思っているんですよ。
先日、「神の激しい愛」の動画見ました。私、感動でちょっと泣いてしいました。こんな愛ほしいです。

あれから、午後の紅茶よく飲んでますよ。あの次の日から、レモンティー、ストレート、無糖と連続で飲みました。(ミルクは苦手なんです)先週はピーチ&マスカットを発見して飲みました。私はストレートが好きです。これを飲むと、「おかしいでしょ~♪」って歌いたくなるんです。その反対で、366日を聞くと午後の紅茶が中毒のように飲みたくなるんですよ。
nobodyさん、おやすみなさい。
青空 2019/02/24(Sun)00:10:52 編集
Re:無題
青空さん、こんにちは。少しずつ春めいてきましたね。


>nobodyさん、こんばんは。
>この間は、返信ありがとうございました。



とんでもないです。


>落ち込むとき、落ち込みきることができればいいんですけど、どうしても中途半端でした。一人じゃないことを信じて、それをもっと受け入れればいいと思っていたんです。ひとりぼっちなのかを確かめる理解のほうなんですけど、やっぱり私には難しく感じます。



難しいですよね。私も難しいと常々思っています。うまくいかないなと感じることばかりです。一人じゃないことを信じて、というご意見も共感できます。そういうふうに「信じて発見につなげていこう」とおっしゃる方々もたくさんいます。


この事は私なりに思うことがあると思うんですけど、今は、うまく言葉にできません。でも、落ち込んでいるときは、心の片隅で大波を受け入れるチャンスかもって思っているんですよ。



それはとても冷静ですよね。心の片隅で大波を受け入れるチャンスかもしれないと感じていること。上に投げたボールが落ちてきても何も悪くないですし、誰でもテンションが上がる時もあれば落ち込む時もあります。自然なことです。理解に限らず精神的なことは、言葉にできない段階の茫洋とした、他人からはわからない次元が圧倒的に大きいと思います。もし青空さんがそれを言葉にされる時が来たら、私にもほんの少しでも教えてくださると嬉しいです。


>先日、「神の激しい愛」の動画見ました。私、感動でちょっと泣いてしいました。こんな愛ほしいです。



そんなふうに大切に見てくださったのですね。ありがとうございます。あれはあのグループでも特に人気のある動画のようでした。誰かを許すようにという(上の方の)指示は、人間の心ではとんでもない内容やタイミングのことがあるのですよね。人間心では「自分は賢い、状況をよくわきまえている」とみんな考えているものです。でも果たしてほんとうにそうか、と一歩進んで自問できる方は数がぐっと少なくなります。誰かを許す、許さないは、特にそういう問題だと思います。もし私があの動画の息子さんの立場だったら、きっといつまでも許さず、お父上のあの姿は見れていなかったと確信があります。誰の助言であっても、「(過去の行為を)許してあげて」は一番従うのがきついです。


>あれから、午後の紅茶よく飲んでますよ。あの次の日から、レモンティー、ストレート、無糖と連続で飲みました。(ミルクは苦手なんです)先週はピーチ&マスカットを発見して飲みました。私はストレートが好きです。これを飲むと、「おかしいでしょ~♪」って歌いたくなるんです。その反対で、366日を聞くと午後の紅茶が中毒のように飲みたくなるんですよ。



私もあの翌日に飲みました。ピーチ&マスカット売ってますね。366日も午後の紅茶も飲み心地すっきりな感じです。


>nobodyさん、おやすみなさい。



青空さんが昨夜コメントしてくださったからでしょうか。フィオラがその時間以後に何か言っていました(24日の本文にこれから書きます)。「お米」と「井戸茶碗」と「風呂吹き」についてなんですが、青空さん何も(たとえばお茶碗とか、蒸し風呂における垢すりとか)関係ないですよね? きっとこちらの勘違いだと思いますのでそのまま流してください。
【2019/02/24 11:01】
無題
nobodyさん、こんにちは。
返信ありがとうございます。
いつか、言葉になったら報告しますね。
フィオラの言葉で気になったことがあります。関係あるのかわかりませんけど、昨日ね、お茶碗を三個も割ってしまったんです。朝、食器棚のところで手が滑ってお茶碗二個を落として割ってしまい、夜、食器を洗っているとき、お茶碗一個を食器に重ねようとして割れました。その時、そんなに衝撃もなかったのに真っ二つに割れたんでちょっと不思議に思いました。それで、一日にこんなに茶碗割れる?何か意味ある?と夜に調べてみたんです。そしたら不吉なことって書いてあるのもあったんですけど、スピリチュアル的な意味では、持ち主の「身代わり」で、割れてしまったら運気上昇のサイン。もしくは、守護霊からのメッセージというのもありました。
最近は、瞑想も感じるものが私なりにですが、また一歩深くなってきているような気がしています。でもやっぱりそれ以上奥に入っていけないと感じるときは、息を意識的に(息を吹きかけるように)はいています。
昨日はお米を買い忘れていて、米びつが空っぽでした。垢すりは特になにもないです。

関係ないんですけど、先日ね、お店で鞄を見ていてたんです。気になったカバンを手に取って見たら、ブランド名がAngelinaFiore(アンジェリーナフィオーレ)だったんです。フィオラを思い出して、ネーミングが気に入ったので購入するか考え中なんです。
私、たまにフィオラのこと考えるんです。もしかしてフィオラは私のことを何か知っていたり、nobodyさんに何か言っていたりするのかな?と思うことが何度かありました。今日聞くことにします、もし何かありましたら、よかったら教えていただけますか?

春めいてきましたね。少し暖かくて気持ちの良い日差しと、nobodyさんとの交流がうれしくて、今日は幸せな気分です。
青空 2019/02/24(Sun)14:58:32 編集
Re:無題
青空さん、こんばんは。少し予想外の返信でした。米びつが空っぽで詳細を思い出したのですが、フィオラはお米を「米がない」というニュアンスで使っていたので、「米がない」と、「茶碗」で青空さん向けだったのかもしれないと改めて感じました。


少し確認なのですが、そのお茶碗が3つ割れたのは23日土曜日なのですね? そしてその夜に意味を調べて、0時を回ってからコメントされたという理解でよいでしょうか? 何を強調しているかと言うと、2日前や3日前のことではなく、この土曜日かどうか、です。


実は返信を書いていたのですが、長くなりすぎてしまい、今日だけでは無理そうなんです。ですので、前提を先にもう一度だけ確認させてください。お茶碗は3つ土曜日に割れた、明けて日曜深夜にコメントされた。これに間違いがないなら、きちんと順序立てて書かなくてはならないことがありまして、今日もどうご説明しようか考えていたらかえって返信が遅くなってしまいました。申し訳ないです。


いずれにしても、ご質問の件も含めてきちんと返信しますので少しだけお時間をください。
今夜はこれで失礼しますね。おやすみなさい。
【2019/02/25 00:34】
無題
nobodyさん、こんばんは。
はい、そうです。お茶碗は3つ土曜日に割れて、明けて日曜深夜にコメントしました。お米は空っぽだったけど、その日のうちに買いましたよ。
そう言われますと、本当に不吉なことなんでしょうか?すごく気になりますが、返信お待ちしていますね。
青空 2019/02/25(Mon)01:06:18 編集
Re:無題
青空さん、こんばんは。書き方が悪かったですね、ごめんなさい。全然不吉ではありません。私の理解の中では青空さんに何か起こるとか、身代わりだとか、そういうメッセージでは決してありません。ただ、すごく不可思議な、回りくどいようなメッセージの持っていき方なので、それを今から順繰りに書かせていただきますね。


最後の前置きなのですが、この返信は、フィオラが(おそらく青空さん向けに)ぶつぶつ言った内容を正確に翻訳する義務が私に発生したと感じたため、せめて誠実に翻訳だけはさせていただこうという意図があるのみであって、決して青空さんに何かをお勧めするようなものではありません。そういう判断もありません。あくまで第三者的な「翻訳の義務感」のみです。これをくどいくらい明示するのは、私が青空さんに何らかの心理的なご迷惑をかけてしまうことを望んでいないからです。


昨年の1月か2月頃、突然フィオラが「三つの容器を用いた祈りの儀式」を習慣として実行するようにと私に提案してきたことがありました。フィオラが言うには、八重山列島や、あの周辺の古代の儀式に名残が残る手法でもあるそうです。その真偽は確認できていません。


儀式は毎日、朝一(正確には歯磨きしたらすぐ)に行います。この儀式が終わるまで、水を一滴も飲みません。まずお湯を沸騰させ、三つの容器に祈りながら、何を祈るかというと、ただ今日を与えられた感謝だけを捧げながら、注ぎます。
三つの容器にはそれぞれ主として捧げる対象が決まっており、
1番は不動で、すべてにおける主宰神、便宜上「大神様」とこの日記では呼んでいます。神様と呼ぶと、八百万の神と誤解を受けかねないからです。最初の神様、創造主様のことです。


2番と3番の順番がなかなかあいまいなのですが、1年かけて問答を繰り返した結果、2番は「体の系統」つまりこの自分の身体を成立させるための父母と、そのそれぞれの家系におけるご先祖様、それらの方の一生を通じての支援者、関係者ご一同様です。
こちら側で活動するための基盤となる身体の成立過程への感謝を逐一この2番目の容器に捧げます。


そして3番目が、「霊の系統」自分の魂の本質である「星」と、属している守護霊団、この身体を抜けて帰還する霊としての自分の故郷、言わば向こう側における実家に連なる人々です。


この3つに、沸騰するお湯、
火を入れた水、「火水(かみ)」を捧げます。
フィオラが言うには、この3つの容器を捧げる神棚のような場所には、なるべく自然物を配置して用いることが望ましいそうですが、たとえばそれが「木の枝」なのか「小石」なのか、「葉っぱ」なのか、またどう配置すべきなのか等一切の詳細は不明です。


一通りの感謝を自分なりの言葉で行い、
ぜったいに「お願い事をしないこと」を守ります。もし何か願うとしたら、自分より頭がよい、自分より心が広い、自分より心が美しい、大神様の願われた通りになることを望むと口に出します。よく言う「主の御心のままに」という内容のようです。
何かを改善させるための道具ではない、と。この儀式の目的は、逆に「自分が大神様の道具だ」と宣言することです。


そして宣り終わったら、先ほど沸騰させたお湯を「飲みます」。3つの容器のものではなく、やかんに残っているほうのお湯を飲みます。
1番目に大神様、2番目に体の根本への感謝、3番目に実家の霊団の皆様、そして4番目に自分が今日一滴目の水「火水」を飲みます。


というような内容を、フィオラは昨年から「やってください」と言い出しまして、長々と書かせていただきました。


お伝えすべきことはこれだったのかなあ、と少し不安でもありますが、3つの容器が割れることを聞いて、私はこれ以外思いつきませんでした。
他に思うことは本文にまた書いてみますね。
青空さん、お時間ありがとうございました。おやすみなさい。
【2019/02/26 00:04】
無題
nobodyさん、長文の返信本当にありがとうございます。
正直、意外な内容で、私はこの儀式を実行したほうがいいのかなって少し戸惑いました。でもやっぱり気になるので、多分少しやってみると思います。習慣となるとどうかわかりませんが。朝、歯磨きしたらすぐということは朝食後に行うという認識で大丈夫でしょうか?それとも、儀式が終わるまでは水(水分全般?)は一滴も飲まないということは、朝一、歯を磨いてから実行して、食後また歯を磨くのでしょうか?それからnobodyさんは儀式をされたことはあるのか、どうして土曜日だったことを確認したのかが少し気になりました。
私が、精神的に未熟なことが多く、成長が遅いので、フィオラがアドバイスしてくれているのかもしれませんね。

今回みたいに、nobodyさんに質問することがあるかもしれませんが、返信はいつでも結構ですので、nobodyさんにストレスのかからない範囲でお願いしたいと思います。よろしくお願いします。


青空 2019/02/26(Tue)01:13:13 編集
Re:無題
青空さん、こんばんは。返信のことは本当にお気になさらないでくださいね。好きで続けている日記に、こうして合いの手を入れてくださるだけで青空さんにはいつも感謝しています。ご質問に対する(フィオラは青空さんのことを何か個人的に言ったことはあるかどうか)お答えにもなっていなかったと思いますので、また今日続きを書かせてください。
でも先に昨日の内容に関する青空さんの疑問点にお答えしてからにします。


>nobodyさん、長文の返信本当にありがとうございます。



とんでもないです。


>正直、意外な内容で、私はこの儀式を実行したほうがいいのかなって少し戸惑いました。



私個人の意見では、まったくそんな必要はないです、どうかお気になさらないでくださいと言いたいところなのですが、フィオラが何を考えているのか私にはいつも何もわかりません。なぜ土曜日かを執拗に確認したかと言うと、このお茶碗の話が、私の勘違いとか、青空さん向けではなかったりとか、「偶然と片づけて、話を流してしまってよいだろうか?」と自問していたのです。もし23日土曜日にそういうお茶碗がパリパリ割れる話があって、青空さんもそれを意識に留めてネットで調べ、0時過ぎにコメントした内容の時間にフィオラがぶつぶつ言い出し、それに基づいて私が「お茶碗」の話を青空さんに振り、「3個の容器が割れた」という返信の一連の流れを、「偶然と流して、何も説明せずに無かったことにしてよいかどうか」を自分の中で自問していました。もしそれが2日ぐらい前のことだったら「偶然と見なそう」と半分思っていたのです。


でもやっぱり気になるので、多分少しやってみると思います。習慣となるとどうかわかりませんが。朝、歯磨きしたらすぐということは朝食後に行うという認識で大丈夫でしょうか?



どうかご無理はなさらないでくださいね。朝食後ではなく、朝起きた直後に歯を磨き、水も唾も一滴も飲まないまま、即座にやるそうです。朝食を挟んでしまえば、一滴目の水を上位者に捧げる前に自分が飲んでしまうということらしいです。


それとも、儀式が終わるまでは水(水分全般?)は一滴も飲まないということは、朝一、歯を磨いてから実行して、食後また歯を磨くのでしょうか?



おっしゃるとおりです。


それからnobodyさんは儀式をされたことはあるのか、どうして土曜日だったことを確認したのかが少し気になりました。



私はフィオラが強めに主張した内容は一応全部やるようにしています。もちろんこの儀式も、言われたその日から毎日欠かさず実行はしています。今の感覚は、これをやらないと「水が飲めないので」無意識にやっています。やって良かったな、と思うことは、笑ってしまうぐらい特にありません。ですから青空さんにご説明するのもできうる限り避けようとしていたんです。土曜日を確認したのは私の最後の「偶然で片づけてしまおう」という抵抗でした。


>私が、精神的に未熟なことが多く、成長が遅いので、フィオラがアドバイスしてくれているのかもしれませんね。



青空さんが未熟だったら、私はその10倍も100倍も未熟です。フィオラがこれをやるように言ったのはあくまで「未熟な私」に対してであって、青空さんに向けて言ったものではありません。ただ今回、3つ容器が割れたことに対して私が思いつくエピソードがこれしかなかったんです。本当に見当はずれかもしれません。
私の勝手な判断で、「何も話さずに済ます」という態度は不誠実だと感じたものですから今回はこのように返信させていただきました。


>今回みたいに、nobodyさんに質問することがあるかもしれませんが、返信はいつでも結構ですので、nobodyさんにストレスのかからない範囲でお願いしたいと思います。よろしくお願いします。



ありがとうございます。お気持ちをありがたくいただきますね。
その上で、当初のご質問への返信に戻ります。脱線してばかりで申し訳ないです。


フィオラは個人的に青空さんのことを私に言ったことはありません。青空さんだけではなく、誰に対してもそうです。
ただ、この日記を始めた最初の頃に、この日記に来る人物の中で誰が大きく関わることになるかは後(だいぶ後半になってからというニュアンス)でわかると言っていました。その人物を私nobodyは判別できないとも言っていました。


まとまりのない長々とした返信に巻き込んでしまいました。
青空さん、また何かありましたらいつでもおっしゃってくださいね。
おやすみなさい。
【2019/02/27 00:32】
無題
nobodyさん、こんばんは。
祈りの儀式のこと、フィオラはnobodyさんに一年前に提案し、今回たぶん私にも提案したかもしれない。と受け取りました。私、三日坊主かもしれませんけど、nobodyさんが実行されているのであれば、尚更やってみようと思いました。っていうか、湯飲み茶わん三個をすでに購入し、やかんも磨きました。

それと、質問へのお返事ありがとうございます
フィオラは私個人のことを言ったことはことはないのですね。
ちょっと気になったのが、誰に対してもということですが、2013年ごろの日記で読者の方へ、フィオラが(何かを)その方に伝えたほうがいいというニュアンスで書かかれていたことがあったと思うのですが・・・。私のかん違いかもしれませんね。
質問した理由ですが、去年の葬送の歹義場と、私の父が亡くなったタイミングを考えてフィオラは何か知っているのかなと思い始めたのがきっかけなんです。iPhoneの契約書の記事の前日に、私、今の子供たちはスマホをどんなルールで使っているのかを最初で最後ぐらいのタイミングで調べたところだったんです。偶然すぎるなぁ、何かあるかなと思っていたんです。(葬送の歹義場もiPhoneの契約書もフィオラの発言ですよね?)私の考えすぎだったようですね。


nobodyさんのほうが未熟なわけがありませんよ。
私のほうが目上とか(年齢のこと?だったらそうでしょうけど)私はnobodyさんのこと信頼してますけど、こんなこと言われた時だけ思うことがあるんです。nobodyさんは大丈夫かって。^^
またコメントしますね、おやすみなさい。


青空 2019/02/27(Wed)22:56:02 編集
Re:無題
青空さん、こんばんは。深夜屋台にときどき顔を出してくれる常連さんのように、青空さんのコメントを見ると暖かい気持ちにさせていただいています。


>nobodyさん、こんばんは。
>祈りの儀式のこと、フィオラはnobodyさんに一年前に提案し、今回たぶん私にも提案したかもしれない。と受け取りました。私、三日坊主かもしれませんけど、nobodyさんが実行されているのであれば、尚更やってみようと思いました。っていうか、湯飲み茶わん三個をすでに購入し、やかんも磨きました。



翻訳を媒介したつもりとは言え、自分で言っておいてなんですが、青空さんのそういった態度には頭が下がります。ほんとうに、真摯に向き合ってくださってありがとうございますとしか言葉がないです。


>それと、質問へのお返事ありがとうございます



とんでもないです。


>フィオラは私個人のことを言ったことはことはないのですね。



青空さんの個人的事情に関しては一切聞いたことはありません。私も意図的にコメントしてくださった方のプライベートに関する質問をフィオラにしたことは一度もないですし、何かあるとしたらフィオラからぽつりと言う時だけです。青空さんに関する印象はフィオラからもたらされたものではなく、私nobodyの直感だけです。


>ちょっと気になったのが、誰に対してもということですが、2013年ごろの日記で読者の方へ、フィオラが(何かを)その方に伝えたほうがいいというニュアンスで書かかれていたことがあったと思うのですが・・・。私のかん違いかもしれませんね。



私2013年のことをよく覚えていないのですが、そう書かれていたなら、たぶん何かフィオラは言っていますね。私はこの日記で嘘を書いたことは一応ありません。あのですね、フィオラはコメントされた方とそのコメントに対して、勝手に一言言うような時はごく稀にあるんです。たとえば私が記憶しているところでは、お一人だけ男性で、「愛の本質的な状態を見れる、接触できる」方がいました。接触できているのはその方の言葉を見て、すぐにわかりました。その方に関しては、フィオラは何か伝達するような話が昔あったかもしれません。あと、別の方のご家族が亡くなられたタイミング(私は知らなかったケースでした)で地上における別れについて書くように言ったことなどはあります。


>質問した理由ですが、去年の葬送の歹義場と、私の父が亡くなったタイミングを考えてフィオラは何か知っているのかなと思い始めたのがきっかけなんです。iPhoneの契約書の記事の前日に、私、今の子供たちはスマホをどんなルールで使っているのかを最初で最後ぐらいのタイミングで調べたところだったんです。偶然すぎるなぁ、何かあるかなと思っていたんです。(葬送の歹義場もiPhoneの契約書もフィオラの発言ですよね?)私の考えすぎだったようですね。



おっしゃるとおり葬送の歹義場もiPhoneの契約書もフィオラの発言です。ですがたとえば青空さんとiPhoneのことを私はあの時まったく聞いていません。フィオラは私にあれを読んでと言っただけで、そこに青空さんに対するメッセージが含まれている可能性などは私からしたら想像もできない範囲でした。そして葬送に関しては、私も父が病気になって、自分へのメッセージだったのに、(一般的な教訓だと)解釈を間違えてしまったと感じていました。私にはフィオラが何を考えているか、いつもまったくわからないという進歩のない状況が続いています。この件に関しては(私には)情報は何もないという意味で、青空さんの考えすぎだと思います。


>nobodyさんのほうが未熟なわけがありませんよ。
>私のほうが目上とか(年齢のこと?だったらそうでしょうけど)私はnobodyさんのこと信頼してますけど、こんなこと言われた時だけ思うことがあるんです。nobodyさんは大丈夫かって。^^



どう言葉をお返ししていいかわからないくらい、私はただの未熟者です。でもせめて、ここでネットで、こういう利害関係のない趣味の世界というか、自分の心に向き合う日記の中で言葉を交わしてくださる人には、ほんの少しだけ正直でいたいと思っています。そういうものが無くなったネットの世界は、すごく寂しいんです。廃墟みたいになります。私は青空さんのことを、もちろん年長者なのだろうという認識はありました。でもそれ以上にすごく風格を感じることが多いのですね。これは飾って出るものではないですから、頭が良く、努力をされてきた方なのだろうなといつも感じていました。今回の容器3つの話だって、私ある意味恥ずかしくて、話したくなかったんです。青空さんの時間を無駄にする可能性があると感じていました。


>またコメントしますね、おやすみなさい。



ありがとうございました。なぜかこのコメントの表示が私のほうにしばらく出なくて、気づくのがいまになりました。
おやすみなさい。
【2019/02/28 00:50】
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody