Fioraのマーク
nobodyには明かされず意味は後で明らかになることがほとんどです。
そもそもこんな記事に気づく人などいるわけないです。



こんばんは。お休み中なんですが、ちょっと書きたいことが。思考とか言葉とか概念とか元々「冷たい」ものなんですよね。どんなに立派な物理学の理論を聞いても、それで心が熱々のスープのように暖まることってないです。思考観察中に「結果」を感じるのは「感覚」のほうであって、「言葉」ではありません。言葉を回転させる、より高速に回転させる。もっと速く、もっともっと速く回転させても、言葉は言葉です。どこにも行きません。言葉の行先は「静寂」であり「沈黙」です。おはよう!と言葉を発してその余韻はどこへ消え去るかよく見てみると、沈黙だとわかります。あらゆる言葉は沈黙に還ります。「どこかに行こう」つまり「今ここには居たくない」「今の私は許せない」「大切な何かを失ってしまったかも知れない」とするから苦しくなるのですから、お出かけするのをやめたらどうでしょうか。今ではないどこか、ここではないどこかに行って状況を変えたいというのは多くの人が人生の中でもうさんざん試した方法です。あまり試されていないのは、立ち止まることです。


今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2019/10 11
S M T W T F S
16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody