「これ」はまた「あれ」である。「あれ」はまた「これ」である…。
「あれ」と「これ」が相対立しなくなるところにタオの真義がある。車軸のごときその真義だけが、限りなき変化に対応する輪の中心だ。-荘子-
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
28 29
HN:
Fiora & nobody