忍者ブログ

わたしが宥しの道を選んだのは、それだけが、傷口の上にがっちりとかけられた時間という錠を開くことができるからです。時間がなくなれば、傷もなくなります。


過去を手放せば、悲しみの種もなくなります。かんたんな話ではありませんか?


時間は傷をリアルなものに見せます。しかし、ひとつとしてリアルな傷などはありません。


あなたが一瞬でも時間を消すことができたら、できることは保証しますが、救いということが理解できます。その無時間の瞬間には、過去にあなたが言ったりしたりしたことは、何ひとつ意味をもちません。その瞬間には何ひとつ、所有しているものはありません。過去もなければ未来もなく、アイデンティティもありません。


それはあなたみずからは知らずして、あらゆる時間のなかに住む瞬間です。あなたはすでに天国にいるのに、そのことに気づかないのです。


あなたは天国にいますが、その天国はあなたには受けいれがたいものです。天国はあなたのエゴも、計画も、夢も、支援しません。天国はあなたの苦闘も、学びも、そして宥しのプロセスも支援しません。


天国では、宥しの必要がないのです。なぜでしょう。それは天国ではだれにも罪がないからです。天国では何ひとつ正すべきことは存在しないのです。この瞬間にもまた、正すべきものは何もありません。忘れないでください。


すべてはたったいまオーケーであって、あなたがたが世界のどこかしらを正す必要もなく、わたしがどこかを正す必要もないのです。


これを理解するには、宥しのプロセスを実践する必要があります。だれか、または何かが誤っていると思ったら、そういう考えを抱いた自分を宥してください。自分が誤っていると思ったら、そう思った自分を宥してください。


自分自身に言うのです。「これは誤っているように見えるが、わたしにいったい何がわかるだろう。わたしが見たくない、でも見るべきものが、ここにあるのかもしれない。だからこそ誤っていると思ったのだろう。自分が見たくないからだ」


非難したいものごとを、進んでよく見てください。


あなたが誤りだと思うものでも人でも、それはあなたが自分自身の誤っていると思っている箇所を見せてくれているだけです。兄弟よ、それはあなたの罪悪感なのです。


勇気をもってください。いまこそ果敢であってください。あなたを悩ましているのは、あなたの罪悪感にすぎないのを見てください。あなたを悩ませるすべてのものごとを見て、それを深刻に受けとめた自分を宥してください。やましいところのある人だけが、自分の狂った世界の中のものごとを何でも深刻に受けとめます。


あなたの旅の中で宥されねばならぬ人間はたったひとり、それはあなたです。あなたが裁判官です。あなたが陪審員です。あなたが容疑者です。


友よ。あなたが他人にこれこれをしたと思いこんでいるのは、自己処罰のひとつの形にすぎません。罪悪感をもって生きねばならないと信じているのは、かれらではなく、あなたなのですから。


自分に罪があると思えば思うほど、自分自身を痛めつけます。罪を他人に投影してその人を痛めつけても、あなたの罪悪感を増すだけです。この恐怖心の迷宮から抜け出す唯一の道は、宥しを実践することです。


いろいろなものを判断・批判している自分を宥すことによって、誤っているとみなす、すべてのものを宥しなさい。自分自身へのあわれみ、自分が批判した他人に対するあわれみをもって、自分のしたいちいちの判断や批判をながめます。


いまこの瞬間に、恐怖心、判断、そして期待はくつがえります。あるのはこの瞬間のみ、あなたがいま世界をどう見ているかが、あるのみです。


世界が恐ろしいものに見えるなら、自分自身の恐怖心に直面してください。
世界をあれこれ批判してながめるなら、自分が自分をどう批判しているかに直面してください。自分の恐怖心や批判がましさを宥すとき、それらは出ていきます。


宥しが鍵になるのは、傷口をつかんでいる時の指をそれが開かせるからです。時間のないところに、傷はありえません。


兄弟よ、あなたにはいかなる罪もありません。なのにあなたはそうでないと信じています。そう信じるかぎり、あなたには宥しが必要です。


自分が人を傷つけることができる、あるいは人に傷つけられると、あなたは誤って信じこみました。それが、あなたがたの世界を動かしている思考です。


ときには、まったくそのとおりに見えることもわたしは知っています。しかし今となってはそれは真実ではなく、かつても真実ではなかったのです。なぜなら、兄弟よ、天国はここにあるからです。そしていま、あるからです。


あなたは自分が見ることを選んだものを見ます。あらゆる知覚は選択だからです。あなたが、見えるものに自分流の意味を押しつけなくなったとき、あなたの目が開いて、判断や批判から自由になった世界が終わりのない美しさに輝いているのを目にするでしょう。



この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]