忍者ブログ

白いもやが立ち込め、かすむ北京市中心部のビル群=17日(共同)


中国北京市は17日、深刻な大気汚染に見舞われた。在中国米大使館のウェブサイトによると、17日午後4時の微小粒子状物質「PM2・5」を含む汚染指数は、最悪レベルである「危険」を示す345を記録した。



白の王「皇」につけ


上野○園さんの認識がどうなるのか先週から固唾をのんで注目していました。
今日の記事で思ったんですが、
碁盤(19路盤)の交点(目)の数は361、マス目の数は324。
180(岩戸)か181で白の勝ち。
平成は一八十成るですから、この年号の中で岩戸(180)が成る、はずです。


白黒決戦は二極性なので、この惑星、地球においてだけです。
三極ある惑星なら三つ巴になります。
地球アセンションとは、この白黒決戦の勝敗によるのだと思いました。


そこで白の王を意味していたのが皇です。
わたしは以前からイタリア人がなんでこんなに漢字にこだわるのかわからなかったんですが、上野さんのおかげでだいぶクリアになってきました。


もし白が180揃わなかった場合。
地球における今回のアセンションはうまくいかなかったということかもしれません。


わたしには国常立尊様が白の王なのかわからないです。
漢字から素直に読むなら、


白の王とは、
天照皇大神(アマテラスオオミカミ)のことではないでしょうか。


白というのは虚空をフィオラが呼ぶときの呼称なんです。
白の中に球体の王が生まれました。
それが万物、かたちあるものを司る皇です。
万物の母、真の太陽です。


そして日(太陽)の本、日本とは
白の王に仕えることを最初から宿命づけられている国家なのではないでしょうか。


そんなことを感じました。



あなたの人生ぐらいで苦労すると思いますか?


上の太陽に聞いてみるといいでしょう。
苦労しているのは、あなたが太陽に「聞かない」ことに苦労しているのです。
一度でいいから真剣に聞いてください。
あなたが「聞かない」ことに苦労しているのです。


天照皇大神(アマテラスオオミカミ)
がこの映像を「わざと構成している」ことを思い出さない状態だけが苦しい状態です。


きっとこう思っているはず。
あなたは一人の人間で、ビリヤードのボールのように「計算された軌道を自力で通らなければならない」と。
だから、安心が訪れないのです。


誰に見守られていると思っているのか。


誰に見守られていると思っているのか。


蛇がすすめるその実は虚飾。
分離です。いいですか。分離は嘘です。
嘘を本当だと誤認している(現在進行形)から苦しんでいる(現在進行形)のです。
分離の象徴とは私です。
私が主体者として行動しているという虚飾を剥ぎ取るには
虚飾をただ見つめて消滅を確認することです。






K花さん本日の記事より


引用はじめ



きたる年
次に訪れるは火の年なれば、火事が多発となりにけり。
人の注意不足の因、放火、山火事、工場爆発などの人災から火山爆発の天災など、予期せぬ火の事故多かりなば 防げる火災は一人、一人がよくよく注意するべけれ。
火は勢いよく燃えるれど、消えらば 静かなる灰残るのみ。ゆえに何事も極端となる傾向ありなん。
経済は政策のあやまつか 、景気の回復を感ずる人々少なきて、格差社会ますます広がらんとす。
政策の恩恵受け潤う人は、格差社会の広がるを忘れず、いい気にならず、我のみよからばよしの心を捨て社会に貢献すべし。
生活の苦しきと感じるものは、他者を妬むも、愚痴をこぼすも、ただ悩むも
魂穢すのみ。
きたる年いかなる立場にある人も神からの審判の年となりにけり
ゆえに苦しきことも修行ととらえあきらめず今できることをしっかりとやりぬかば、その努力は決して無駄にはあらずして、やがて己のもとに物や人からの思いとなりてかえらんとす。



引用おわり


「セミの抜け殻」の画像検索結果
次にK岡さん本日の記事より


引用はじめ



 蝉は抜け殻を捨てて脱皮します。役目を終えて古くなった部分を脱ぎ捨て、若々しい部分は元気に飛び立って行きます。朽ち果てた殻は地面に落ちて、土にかえります。
 朽ち果てた抜け殻を嘆く蝉はいません。土にかえった殻はまた別の形に姿を変えて自然界を支えていくことになります。
 変容して成長していく部分と、朽ち果てていく部分に分かれるこの仕組みを嘆く人はいません。すべてが全体として神様が作った自然界の営みです。朽ち果てることは悪いことではありません。


 より調和的な方向へ急速に進化生成しているこの宇宙で、自分という魂は成長していく部分と滅びゆく部分のどちらに属するでしょうか?
 もし私が神様なら、「しかるべき時」が来たら良いものと悪いものにはっきり分けるでしょう。
 周りのために役立とうとしない人、与え深くない人、人を操る人、嘘を言う人、心身を傷つける人、欲望に耽溺している人、引き寄せばかり考える人などは、周囲に害悪を与えないよう別の存在に造り替えるでしょう。
 一方、周囲の人や環境のために役立つ気満々、やる気満々の人、そういう最良の性質を持つ人を神様はあらゆる手を講じて大事に守り、生かしていくでしょう。ノアの時代には大洪水が来て、そういうことが起こりました。歴史は繰り返すと言います。
 神様がぜひ守りたい、次の世へ連れて行きたいと思うような人になる、それが究極の開運法です。



引用おわり


K花さんの内容には格を感じます。
K岡さんのセミの抜け殻の話は穏やかではないです。かなり抜け殻側からすれば過酷な話です。過酷な話が巷に増えてきました。ということは、過酷な台風が近づいている気配を感じ取っている方が増えてきているんです。


寝起きの機嫌が悪い方っていますよね。
低血圧というか、神という超越的存在の実在を思い出すというその一点においてニブイわけです。寝起きの機嫌が悪いときに、過酷な台風に巻き込まれるとつらいかもしれません。


カウンターパンチは
太陽です。



中国メディアの経済観察網は17日、中国で鉄鋼業などこれまでの成長をけん引してきた企業のデフォルト(債務不履行)危機が起きていることを伝え、警戒心を示す記事を掲載した。
記事は、中国政府が経済を下支えするための政策を打ち出しているとしながらも、中国経済が直面している課題や困難は増えていると指摘し、中国の国有企業である中国中鋼集団公司が99%の株式を持つ中鋼股フェン有限公司がデフォルトの危機に直面していることを伝えた。
続けて、中鋼股フェン有限公司のデフォルト回避に向け、中国政府が介入していることを紹介する一方で、15年は中国ですでに5件のデフォルトが発生していることを指摘した。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
11 2017/12 01
S M T W T F S
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]