海域を漂う一隻の船が一つの霊団だとすると


その船は最も居心地の良い場所を見つけ留まります。成員にとっても居心地が良いし、船にとっても海にとっても「ふさわしい場所」に自動的に決まります。合わない人たちと一緒に過ごすことが苦痛なように、合わない海域に留まれる船はいません。ですから再三口を酸っぱくして言った「大神様との関係」は、引き継がれるのです。生前にそれが近い者は、帰還後も近いのです。団が船なら、この一人一人の乗組員は、ある時点で次々に海に没し(転生)ます。水への浸かり方には個々人で差異(よくいる飛び込み型や、音を立てないような優雅な所作)がありますが、「船は動けない」ため、やれることは”釣り”か、”水中探検”なのです。釣り、または水中で”なんらかの生命体”に出会った場合、それが”言葉を話せない”と結論を下すのはよくよく注意してください。話せる可能性があるからです。Fiora
(この水中探検を転生と地上での人生で出会う人々とたとえているらしいです。釣り、は意味不明ですがどうも、人を釣って船上に釣り上げ、会話してからリリースする、言わば霊的なサポートを意味しているかもしれないと感じました。死後は海から出て船上に戻り、”固定された”船の上で船長や乗組員たちと話し、共に過ごします。この船にあるのは、乗組員全員の経験と知識、愛と叡智、これらが総体として大神様との関係を近づけていかないと、船そのものが動きません。むずかしいのは単なる知識や理解じゃ船の動力にはなっていないということです。みんな何度も何度も水中探検をしていて、それでも船が止まっているのです。n)


この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おはようございます!
おはよう
トシ 2019/03/08(Fri)06:29:46 編集
Re:おはようございます!
トシさん、おはようございます。そしてこんばんは。
お久しぶりです、トシさんにまたコメントしていただけて嬉しいです。
芸能関係者は皆さん「おはようございます」が挨拶なんですよね。もう一つのほうに返信させていただきますね。
【2019/03/08 22:48】
こんばんは!
今朝のコメントをごめんなさい。
中途半端になってしまいました。。
お久しぶりです。

よかったら質問をさせてください。

船に帰る目前になった時に後悔して、為せばよかったと感じる事々は、大神様との関係を近づける機会だったのでしょうか?

生業・生き方を変えようという気持ちが出てきている近頃の自分であります。。
トシ 2019/03/08(Fri)21:48:51 編集
Re:こんばんは!
トシさん、こんばんは。早速こちらに返信させてください。


>今朝のコメントをごめんなさい。
>中途半端になってしまいました。。



とんでもないです。一言でも一行でも、とっても心が温かくなります。ありがとうございます。


>お久しぶりです。



お久しぶりです。年始もご挨拶いただきましてありがとうございました。あまり最近マトモに更新できていなくて空白記事ばかりでごめんなさい。


>よかったら質問をさせてください。



はい。


>船に帰る目前になった時に後悔して、為せばよかったと感じる事々は、大神様との関係を近づける機会だったのでしょうか?



誰かに謝っておきたかったとか、誰かに何かを伝えておきたかったとか、大きな節目の前に言葉をかけたかったり、身辺整理をしたくなったり、後悔と、「やり残したくなかったこと」は最終的な目的はきっと「大神様との関係を近づけるため」なのだろうと私は信じています。何を愛しているか(愛情)と、何を恐れているか(恐怖)は、ほんとうはご本人が顕在意識で思っている内容とは違って、本質の奥の奥に「大神様との関係」が隠れているのだと思います。向こうに帰還すると、すべてを曝け出した上で説明しなくてはならなくなります。その時に必要になるのは、他人ではなく自分自身の納得です。それが自分の奥深いところで事前にわかっているから、何か事前に決着をつけたくなるのではないでしょうか。自分は何を怖がっていたのか、自分は何を大切に想っていたのか、虚飾はすべて剥ぎ取られ、等身大の自分とその結果(人に与えてしまった影響)に半強制的に向き合わされます。だから恥ずかしくなったり、後悔に苛まれたりするのではないでしょうか。質問への回答になっているかわかりませんが、トシさんのおっしゃるとおり、人があの時為せばよかったと感じる(後悔する)ことの大部分は、「関係を近づけるための(絶好の)機会」だったことが多いのではないかと思います。重要だったからこそ、いつまでも後悔するのではないでしょうか。


>生業・生き方を変えようという気持ちが出てきている近頃の自分であります。。



それが実際にどのようなお気持ちなのか、スープの素となるルー(魂)が違い、投入した材料が違い、煮込み時間も違うため、トシさんのお気持ちを慮ることはできません。でもそのお気持ちは、トシさんのスープの完成に「必要不可欠なもの」であろうことは信じることができます。フィオラは問題の形状とも言える「鍵穴」は、現状のスープの「配合」=鍵の形状とよく似ていると言っていました。本人のいまを形作っている絶妙な「配合」でこそ鍵は開き、新たな学びの通路と学びの部屋が開きます。だから自分が欠点だらけに感じても「己の配合を呪わないでください」と。
目の前の壁である「鍵穴」と自分という配合そのものである「鍵」はどこか調和している関係にあるのかもしれません。憎み合っているように見えて実は、ちょっとだけ調和している。この鍵と鍵穴だからこそ開ける意味がある、新しい学びがあると。


トシさん、話はちょっと変わりますが、調和した運転は、交通状況や道路の形状とタイヤとハンドルとすべてが混然一体となって、「自分さえ自然に、一本の道、流れのように」導いていかれる感覚があると思うんです。もしそれがすべてバラバラな要素に感じられているようだと、調和した運転とは言えません。頭で、こういう時は「右!」逆に「左!」と理性で判じているような状況ではまだ直感は活躍していません。


どんな判断であれ、大きな視点で「学び」を優先するものであれば、後悔は少ないのかもしれないとも思いました。こんなことしか言えなくてごめんなさい。
生業や生き方、とトシさんが言うからには、相当大きなことに直面されているのだと思います。トシさんの冷静でかつ情熱的でもある学びの判断を信じます。
また何かあったら教えてくださいね。今夜はこれで、おやすみなさい。
【2019/03/09 00:15】
こんにちは!
nobodyさん
返信を本当にありがとうございます。

どストライクで、ぐうの音も出ないところに、
3/9の記事に後押しされて、肝に落ちました。

自分にとって、自分に嘘をつかないのはどちらの方向かはっきりしました。

恐れから、鍵穴と鍵を照合することを頭が邪魔しているようでした。
変化も未知も怖い、マインドは当然の仕事をしているだけでした。

例えばなのですが、
利益のために人の健康を損なう成分が入っている食べ物を売る仕事を、それも今の時代の成り立ちだよと誤魔化していて、そして何とかその仕事に真心を込めようとして混乱している感じでした。

本当に周りくどくてすみましぇん!
またコメントさせてください。
トシ 2019/03/10(Sun)11:11:31 編集
Re:こんにちは!
トシさん、こんにちは。どういうことで葛藤されているのか、伝わってきました。教えてくださってありがとうございます。


>nobodyさん
>返信を本当にありがとうございます。



とんでもないです。それよりもずっと、お付き合いくださってありがとうございます。


>どストライクで、ぐうの音も出ないところに、
>3/9の記事に後押しされて、肝に落ちました。
>自分にとって、自分に嘘をつかないのはどちらの方向かはっきりしました。



了解しました。トシさんがそうおっしゃるなら、私はその判断を信じます。
トシさん、ちょっと関係のない話を聞き流してください。


数年前私の父がまだ病気の発覚前に夢に出てきたんです。そして満面の笑顔で「心細工(こころざいく)」と言いました。父は指先で細工をするような仕事(電子部品関係)をしていて、私の幼い頃から仕事漬けでした。その夢を見た後、本人に聞いてもそんな言葉は知らないし、意味がわからないと言っていました。私は父の魂が私に一言伝えてくれたのだと思っています。本人の顕在意識とは違うところで、実際は何を売っているのかを伝えてくれたのだと感じています。あの笑顔は、何を誇りに思っているのかも伝えてくれました。ところが顕在意識上では、父はいつも「儲かりゃなんでもいいんだ(実際は儲かったことなどないんですけれども)」「あんまりクレームばっかり言われて、やってられない」と言う態度のほうが前面に出ていました。魂と日々の顕在意識の意見が違うんです。細工を売っているのではなくて、(籠めた)心を売っていることを魂は自慢していました。どうだ、すごいだろう? って。今父は病気が進行していて、それでも細工を続けようとしています。ある意味人生のパートナーです。魂がこれで俺は俺の魂を磨いていく、ってどこかの時点で決めたのかもしれません。


>恐れから、鍵穴と鍵を照合することを頭が邪魔しているようでした。
>変化も未知も怖い、マインドは当然の仕事をしているだけでした。



みんなそうですよね。変化も未知も、怖くてできる限り避けたいです。


>例えばなのですが、
>利益のために人の健康を損なう成分が入っている食べ物を売る仕事を、それも今の時代の成り立ちだよと誤魔化していて、そして何とかその仕事に真心を込めようとして混乱している感じでした。



トシさんなら、その状況で真心を籠めようとされているのだろうと納得しました。でもそれを言い出したら遺伝子組み換えは是か非か、無農薬有機野菜しか食べてはいけないなど留まるところを知らない話になりそうでもあり、人によって判断は分かれそうですね。その摂取リスクを事前に明示して透明性が確保されているかどうかが、社内文化そのものを判断する分岐点かもしれないと思いました。


>本当に周りくどくてすみましぇん!



全然です。いつだってトシさんのコメントは歓迎です。いつもありがとうございます。


>またコメントさせてください。



いつでもお待ちしています。またよろしくお願いします。
【2019/03/10 13:58】
無題
nobodyさん

こんばんは。
お返事ありがとうございます。

心細工、、響きました。
魂とこの心の意見は違うのかもしれませんね。

全か無か思考になる癖があるので、
この生活の中で出来ることが残っているので、
そこから始めてみるのもいいかもしれないと感じました。

==

話は変わるのですが、
北の独裁者へたくさんの人、例えば日本人全員が祈りを、
どのような祈りかは分かりませんが、憎しみとかじゃなくて、
神の激しい愛の動画の感触のような気持ちを向けることが
あったら、何か彼に変化が起こるのでしょうか。

現実的ではないですね、日々自分が他人に対してそうあるか
に留意するしかが僕の範囲ですね。

==

そういえば、合わせるでもなく、合わせられるでもなく、一つになろうとするのが大切だなぁと感じました。

いつもありがとうございます。
またコメントさせてください。
トシ 2019/03/13(Wed)00:11:17 編集
Re:無題
トシさん、こんばんは。


トシさんがこのコメントをくださった後フィオラが何かぶつぶつ言いまして、後程本文の方に書いておきますが、私とは別の意見、別人格の意見です。私は内容に同意できていません。どうか聞き流していただければと思います。


>nobodyさん
>こんばんは。
>お返事ありがとうございます。



とんでもないです。


>心細工、、響きました。
>魂とこの心の意見は違うのかもしれませんね。



ありがとうございます。このような意見の違いはあるかもしれないですよね。


>全か無か思考になる癖があるので、
>この生活の中で出来ることが残っているので、
>そこから始めてみるのもいいかもしれないと感じました。



トシさんのバランス感覚や判断を信じます。結局何が正解かはわからないです。ただ私は個人的には「現状への感謝」を徹底的に掘り起こし、もう掘り起こす場所が残っていないという状態になるまで一歩を踏み出すのは慎重になってもいいのかもとは感じました。動くのはそれからでも遅くないように思います。そして残念なことにどうもフィオラは逆の意見のようです。ですから私の意見もフィオラの意見も無視してほしいのが本音です。私の場合はトシさんの悩み事を慮るには情報が全然足りず、フィオラの場合は発言の動機や目的、どのくらいの深い見通しで発言しているのかがまったく不明だからです。


>話は変わるのですが、
>北の独裁者へたくさんの人、例えば日本人全員が祈りを、
>どのような祈りかは分かりませんが、憎しみとかじゃなくて、
>神の激しい愛の動画の感触のような気持ちを向けることが
>あったら、何か彼に変化が起こるのでしょうか。



彼の感情ぐらいのわずかな変化は起こると思います。そしてその変化は「手遅れ」「焼石に水」だと感じました。彼がやってきたことは、一人の人間としてはただの臆病者が自己保身のためにやってきたことです。ですが、人に与えた影響という点において、彼は日本の死刑囚1000人分以上の恨みや、業を得てしまっています。それによってフィオラが言うには既に魂が「破れ」その入り口をスカスカ通って”とんでもないもの”が憑依し、器として利用されている可能性があるそうです。ですから滅茶苦茶に警戒されています。この世を生きる一人の人間の目的は、自己保身や自己の幸せで済む(つまり合理的であるから核は撃たないと予測される)かもしれませんが、”とんでもないもの”の目的は別かもしれないからです。


>現実的ではないですね、日々自分が他人に対してそうあるか
>に留意するしかが僕の範囲ですね。



『日々自分が他人に対してそうあるかに留意することが僕の範囲』トシさんのこの言葉は最高の”判断”だと感じました。


>そういえば、合わせるでもなく、合わせられるでもなく、一つになろうとするのが大切だなぁと感じました。



おっしゃるとおりかもしれないと思います。微妙なニュアンスの違いですが、その差は大きいかもしれませんね。私は今、合わせるの前段階である、「自分が合わせようとしていないことにその場で気づく」ことだけを第一歩としてせめて少しでも実行できたらなと感じています。日々繰り返される自分の欠点からです。


>いつもありがとうございます。
>またコメントさせてください。



こちらこそです。ありがとうございました。
いつでもお待ちしています。
トシさん、おやすみなさい。
【2019/03/13 23:43】
09 2019/10 11
S M T W T F S
16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody