私がこの日記を書くつもりになった理由を最初に書きます。


中学生の頃、私は交通事故に遭いました。


その日は家庭訪問の日で、先生が来る前に部屋に飾る「花束」を自転車にのって買いに行ったんです。花を買い、自転車のカゴに入れて、時間を気にしていた私は帰り道スピードを出していました。自転車を見通しの悪い車道についつい横切ろうと侵入させた瞬間


目の前に車がいました。
あっと思う間もなく、私の世界はぐるぐるまわりました。
きーっ!どん!ぐるぐるぐる


音と景色が同時にまわり、一瞬の後に私はアスファルトに叩きつけられていました。


地面の感触で世界が固定され、
私はそのまま起き上がりました。


事故に気づいた工事現場のおじさん達が近づいてきます。


車を運転していた女性はぽかんと口を開けています。


私は恥ずかしくなって「どうもすみません」と言いました。
さっさとこの場から逃げようと思っていたと思います。


そこから騒ぎになりました。


見ていた方の話によると、私は車のボンネットの上をぐるぐるまわり、
フロントガラスに叩きつけられ、急ブレーキにより道路に投げ出されたということでした。
フロントガラスはひびが入っていました。
自転車は車の真下に滑ってぐちゃぐちゃのようでした。


病院で検査を受けたところ、私はなぜかほとんど無傷でした。
右肩に1センチほどの切り傷ができたことと、ワイパーにぶつけたらしいたんこぶが1つ。
運のいいことにそれですみました。


私はその事故で特に何の被害も受けませんでした。


そんな事故があったことすらすぐに忘れていき、大人になってから、ある日夢を見ました。


私は背後に誰かいるような気がして、振り返りました。


そこには、私のちょうど「真後ろ」に一人の女性が立っていました。


おそらく中世の頃の青いドレスを着て、茶色い革表紙の本(文庫本サイズ)を読んでいる女性でした。(青い帽子もかぶっていたと思うのですが記憶が曖昧です)


その女性を見た瞬間なぜか


『不死の女王フィオラ』


という名前が私の頭に鳴り響いたようでした。


彼女が口を開いて名乗ったわけではありません。


不思議と何も怖くはありませんでした。


その女性は本を読んでいた顔を上げました。


どんな顔をしていたかもう覚えていません。


白い顔をしていたような気がします。


彼女はただ一言


『かえりなさい』


と言いました。


その瞬間、私は空を吹っ飛ばされるように飛びました。


朝になり、普通に起きた私はその夢のあまりに異質すぎる印象に呆然としていました。


最初に思ったのはあれが背後霊か、でした。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
11 2019/12 01
S M T W T F S
7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
Fiora & nobody