やまさん、初めまして。コメントありがとうございます。
少しでもお役にたつ記事があったのであればとても嬉しいです。
最近書くことがなかったので、本文内で返信させていただきます。
ツッコミどころがあればご遠慮なくおっしゃってください。


>はじめまして。
>やまと申します。
>3か月ほど前からステートオブプレゼンス定着の訓練をしています。
>ステートオブプレゼンスについて調べている中でこちらのサイトに辿りつきました。
>過去の記事ですが、非常に参考になる記事ばかりで感謝しています。ありがとうございます。
>一つ質問させていただいてよろしいでしょうか?
>瞑想中に深くSを感じる時はノーマインドという状態になるのですが、日常で大まかにSを感じているとノーマインドにはならず、いつも通り思考が沸き起こってきます。
>おおざっぱに感じているSでは意味がないのでしょうか?
>お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。


やまさんのご質問を「わたしがどう解釈したか」ご理解いただくためにも、最初に整理させていただきますね。


3ヶ月ステートオブプレゼンスの訓練をされていらっしゃって、こんな日記を訪れてくださり、こういう質問をされる方である以上、熱意(最重要です)は十分で、具体的な悩みにのみ焦点が向かっている状態だと感じました。やまさんは放っておいても、その熱意によって、必ずご自分の望む地点に到達されると思います。


S(気づいている意識、静寂)という言葉を使うのがわたしも久しぶりですので、わたしが用いていたSの定義から改めますが、Sとは「自動発生している気づきに「気づいている」状態」です。


失くそう!と思っても不可能です。自動発生していますので、この気づきは「ある」だけでコントロールできません。


これを視覚的に理解するために、「太陽」とイメージください。
太陽は一つだけです。ステートオブプレゼンスが定着する、しないという概念に関わらず、この太陽は最初からありましたし、いまありますし、これからもあり続けます。


太陽に気づくもう一つの「太陽」は存在しません。
太陽はただ一つです。気づきとは、この太陽です。


わたしたちとは、いま、「太陽である」存在です。
太陽を知ることができる存在ではありません。
「太陽である」ことに様々な名前をつけ、概念化しているだけです。


Sやステートオブプレゼンスを忘れていても「太陽である」ことに変わりありませんから、ステートオブプレゼンスの定着訓練を始める前も、今も、やまさんは「太陽」であって、それ以外ではありません。


やまさんは「ノーマインド」と「思考が沸き起こる状態」を対比されて、そこに何らかの価値判断をもたらそうとされていますので、この動機と精神的行為自体が「一連の思考」であることに


いま、リアルタイムで「眺めている」かどうか。


「思考に気づいている」または「無思考に気づいている」のどちらかを「いま」満たせるはずです。


それは、「頭の中の音」に気づいている、または、「頭の外の音」に気づいているのどちらかまたは両方です。


頭の中の音は思考であり、外の音は自然音です。
思考のささやきと自然音は同時に聞けるはずです。


聞けるというのはふとしたときに聞こえてくるという曖昧な意味ではなく、
思考の「起こり」または自然音の「起こり」にコンマ一秒の遅れもなく、気づけてしまう自動発生の「気づき」自体を「いま意識」していること。


言葉で書くとややこしいですが、「気づきで、ある」ことです。
起こりに気づいている状態に「とどまる」ことです。
起こりに気づいている状態に「とどまっている」ならば、


思考はまったく発生しなくなります。
これが深い瞑想状態のノーマインドと同じだと思います。


思考が発生しては「いけない」わけではありません。そんな価値判断(それも思考)はどこにもありません。
ですが、「思考は発生しなくなる」のが明らかな基準です。


思考が発生し続けているなら、それらの思考の「起こり」に気づいている気づきに「気づいていない」ということです。


極めて、重要な点です。
やまさんのご質問内容自体が、ステートオブプレゼンス定着の核心です。


Sを大雑把に感じているという状態はありません。
気づきは、太陽は確固たるものです。


その確固たるものに気づいているか気づいていないかが二択なんです。
くどいようですが、確固たるものに気づいているとは、


思考の文章が発生する「起こり」のタイミングに気づいているか、
自然音が発生する「起こり」のタイミングに気づいていることによって、


気づき自体を意識している(=気づきそのものである)ことです。


わたしは、「頭蓋骨内外の二つの音の起こり」を同時に聞くことと、触覚を感じることで、
二つの音+触覚
この三つの感覚をステートオブプレゼンスへの「入り口」として使うことが多いです。


ご質問へのとりあえずの回答としては、こんなところでしょうか。
「思考が発生するのは、気づきの焦点が源に向いていない」としか思えないということです。
ただ現実問題、仕事中は難しいと思います。


わたしは空き時間にノーマインドをどのくらい保っているかだけで十分だと思います(ニサルガダッタ・マハラジの立場)。
バーソロミューなら、仕事中もステートオブプレゼンスの維持を最優先していただけませんか?と言うでしょう。


とりとめのない返信になりましたが、今夜はこのへんで。
ありがとうございました。


追記
ちょうどやまさんからコメントいただいた時刻に感じていたことがあったんです。


水墨画ってありますね。水墨画は墨汁でできています。
白い紙は忘れてください。墨汁だけで絵が構成されていると考えるんです。


世界の構成要素は単一の気づき「墨汁」だけです。


では、今この瞬間「墨汁」はどのようなかたち、どのような音、どのような触覚として顕現しているか。


墨汁のかたちは刻一刻と変わっていきますが、「いま」「墨汁(気づき)が」「ある」ことは変わりません。


墨汁のかたちは知ることができません。墨汁は「いま、ともにある」ことだけができるんです。


わたしも墨汁だから。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ありがとうございます。
ご丁寧にお答えくださりありがとうございます。
なるほど。理解しやすいです。
僕はステートオブプレゼンスを、頭の中に感じていて、エネルギーの塊として捉えています。瞑想中にその塊を意識し続けていると、次第に柔らかくなり、解けて周りに広がっていくように感じます。その状態の時は全く思考がないように感じています。
ですが、エネルギーの塊のみでただ感じている時は、相変わらず思考が起きています。
この状態は、気づきに気づいている状態ではなかったのですね。柔らかい状態を維持し続けるというのは、非常に難しいのですが、今後はこの状態で維持するように努めてみたいと思います。

やま 2014/05/20(Tue)21:07:24 編集
Re:ありがとうございます。
やまさん、こんばんは。


>ご丁寧にお答えくださりありがとうございます。
>なるほど。理解しやすいです。
>僕はステートオブプレゼンスを、頭の中に感じていて、エネルギーの塊として捉えています。瞑想中にその塊を意識し続けていると、次第に柔らかくなり、解けて周りに広がっていくように感じます。その状態の時は全く思考がないように感じています。


頭の中のエネルギーの塊という体感、溶けて周りに広がっていくという体感、わたしも似たように感じていたこともあります。時間が経過する内に「それ」は「顕現(感覚される何か)」ではなく「非顕現(現象としては現れないが、いまへの気づきとして継続してある)」であると感じるようになりました。「太陽」は「太陽」だけれども「みえない太陽」です。


エネルギーの拡張感覚はまさに正しい方向なのではないかと思います。


>ですが、エネルギーの塊のみでただ感じている時は、相変わらず思考が起きています。
>この状態は、気づきに気づいている状態ではなかったのですね。


断定はできませんが、わたしは、そう思っています。静寂または沈黙と呼ばれる「それ」は思考していません。
ただ、周囲のすべてを照らすだけ、気づいているだけです。
誕生を与え続けているだけです。
みえない母親のような存在です。


柔らかい状態を維持し続けるというのは、非常に難しいのですが、今後はこの状態で維持するように努めてみたいと思います。


ここが一番言葉でお伝えするのが難しいところです。
複雑な作業はいりません。太陽=気づきとするなら、わたしたちは何もしなくても、いまこのままで太陽です。努力は一切不要です。


ですが、気づきは何もしなくても気づきだけれども、
1、気づきに気づいていない
2、気づきに気づいている


という状態の違いがあります。
ステートオブプレゼンスは2番が定着することですね。


ですから、2番の「気づきに気づいている状態」とは「具体的に何」なのかだけが大事です。


わかりやすく一点に絞るなら「触覚」を24時間意識し続けることです。
いま体は必ずどこかに触れていて、感覚があります。
あるのは触覚に無意識な状態と意識的な状態のどちらかです。


触覚に無意識なのは、マインドが何か別のことに気をとられているからです。
何か別のことというのが、思考です。


思考を静めようとする必要はまったくありません。停止させようとする必要も一切ありません。マインドを落ち着かせようとする必要もありません。


触覚と「いま、ともにある」ことを選びます。
無思考・ノーマインドを維持しようとするのではなくて、
いまある「触覚」と調和します。そしてノーマインドが訪れることを確認します。
あとは触覚(への気づき)を維持します。


触覚ではなく、音を使ってもいいですし、五感の何でもいいです。
触覚は人との会話中などにも使えるのでお勧めです。


また何かあったらおっしゃってください。ありがとうございました。
【2014/05/21 00:00】
無題
お返事ありがとうございます。

気づきは常にあるという言葉がしっくりきました。お陰で瞑想がやりやすくなっています。

以前ヴィパッサナー瞑想をやっていたときに、呼吸に常に意識的であるということをやっていましたので、意識的である状態と無意識の状態は恐らく理解できているように思います。

すみませんがまた質問させてもらってよろしいですか?
nobodyさんは暇な時だけ気づきを保てばよいと仰っていますが、例えば、朝晩だけ瞑想を1時間して、あとは気づいたときだけ意識を保つということをしているだけで定着までいくのでしょうか?

以前、数日間風邪で寝込んでしまって意識を向け続けられない時がありました。そういう場合は今までの努力はなくなってしまうのでしょうか?また一から積み上げですか?
何度も申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
やま 2014/05/22(Thu)15:54:34 編集
Re:無題
こんばんは。やまさん、どういたしまして。また本文で返信させていただきます。


>お返事ありがとうございます。
>
>気づきは常にあるという言葉がしっくりきました。お陰で瞑想がやりやすくなっています。
>
>以前ヴィパッサナー瞑想をやっていたときに、呼吸に常に意識的であるということをやっていましたので、意識的である状態と無意識の状態は恐らく理解できているように思います。
>
>すみませんがまた質問させてもらってよろしいですか?
>nobodyさんは暇な時だけ気づきを保てばよいと仰っていますが、例えば、朝晩だけ瞑想を1時間して、あとは気づいたときだけ意識を保つということをしているだけで定着までいくのでしょうか?
>
>以前、数日間風邪で寝込んでしまって意識を向け続けられない時がありました。そういう場合は今までの努力はなくなってしまうのでしょうか?また一から積み上げですか?
>何度も申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


呼吸に常に意識的である訓練を積まれてるなら十分ですね。


ご質問内容がまた重要なので、誤解を招かないように整理して返信させていただきます。


朝晩だけ瞑想を1時間して~、気づいたときだけ意識を保つことで定着までいくのかどうか?
やまさんの場合は(真剣で熱意があるため)きっとこのままでもうまくいきますが、時間がかかるかもと思うのでお勧めしません。


何に時間がかかるのかと言うと、固定観念の解除に時間がかかるんです。
固定観念を解除するには、解除する前に本人が固定観念に自分で気づかなければならないからです。そもそも気づいていないものは、直せません。


本人が誤解を見過ごしているのが、一番時間がかかるんです。


やまさんのご質問の中に既に固定観念が確認できます。
風邪で寝込んでレッスンが中断すれば、ピアノの技術のように取り戻すのに時間がかかる「積み上げ式」だと考えているのであれば、少しトラップにはまっているように思います。


1秒も時間はかかりません。
ステートオブプレゼンスというか、太陽はいまここにあります。


定着というのは積み上げ式ではなく、
軸が2本あって、今まで使っていなかった2本目の軸の本当の「静けさ」に体感的に気づいていくことなんです。


やまさんのおっしゃっていた「頭の中のエネルギーの塊で、思考がなくなる静けさ」というような体感は既にあるので、その体感が瞑想以外のときにも継続しているようになれば完了です。


2本目の軸というのは「自動発生の気づき・唯一の太陽」です。


世間一般のほとんどの人が主軸にしている1本目の軸は、
「思考・肉体との自己同一視」です。


どちらも捨てることはできないんです。常に2本あるんです。
2本のどちらに焦点が当たっているかなんです。


たった今この瞬間1秒も待たずに、2本目の軸の「静けさ」に気づくんです。


衣擦れの音をイメージしてみてください。しゃりしゃり音をさせないように完全に止まることは難しいですよね?スピリチュアルでもそうなんです。


動いているエネルギーや精神・感情を静止させて「思考を止めよう」とすると逆に不可能です。


止めるんじゃなくて、動いているものを「包んでいるもの」に気づくんです。


常にある気づきというのは「見ているもの」ではなくて、「ともにある」です。ともにあるものではありません。ともにある。
これ大事な感覚なんですが、ニュアンスが伝わるでしょうか。
見る時点で分離が発生するので、気づきだけは見ることができず、知ることができないんです。


思考で例えると、思考を見ていると思考は止まりません。
思考と「ともにある」と思考が止まるんです。


これを維持しているうちに2本の軸が入れ替わるように感じるときが来るんです。
「しーん」が本体だと感じるようになる一瞬が来ます。


具体的な時間はですね、最低でも一日2時間。
やまさんのおっしゃった朝・夜1時間瞑想でも同じ効果だと思います。
21時から始めたら23時までやるぐらいです。
その間中「気づきに気づいている」ことのみに集中します。
真剣な熱意がある人なら一日細切れの時間を合わせて6時間ぐらいが限界だと思います。
この2時間~6時間の反復実践でようやく定着するのではないかと私は思っています。


やまさんにお勧めするやり方はですね、時間を気にする前に、
ステートオブプレゼンスの静寂状態を起きて活動している時に維持できるか徹底的に感覚を試すことです。


「思考がまったく発生しなくなる」を唯一の条件として、その状態を、意識の立ち位置を徹底的に探すんです。すべてあるがままに、力を抜いたときに入りやすいです。
私の経験では頭蓋骨内外の音+触覚の維持で、音や触覚の起こりに注意すれば簡単に入れると思いますが、人によって肉体感覚が違いますし、ご自分に合う感覚を探してみてください。


呼吸に意識の焦点を保つなら
呼吸←→思考
は反比例です。


いまにある=いま気づきとともにある


すべてをあるがままに認め、ともにある。
またなにかあればおっしゃってください。ありがとうございました。
【2014/05/23 00:59】
09 2019/10 11
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody