忍者ブログ
「笑顔」の画像検索結果
いま産土神は笑うか


神性に近づき、その輝きを人類の上に撒き散らすことほど美しいことはない。
- ベートーヴェン -


産土神は、神道において、その者が生まれた土地の守護神を指す。その者を生まれる前から死んだ後まで守護する神とされており、他所に移住しても一生を通じ守護してくれると信じられている。産土神への信仰を産土信仰という。
氏神と氏子の関係が血縁を基に成立するのに対し、産土神は地縁による信仰意識に基づく。従ってその意識が強く表れるのは都市である。例えば京都では同族集団の結束が弱まり、地縁による共同体意識が形成されると共に、中世には稲荷神社、御霊神社、賀茂神社、北野神社などの有力な神社を中心に産土神を基にした産子区域の観念が発達した。そして産土詣での語が一般に使われるようになり、生まれた子の初宮参りをはじめ、成年式、七五三等に産土詣でをする風習が盛んになった。また、江戸では日枝山王が徳川氏の産土神とされ、その祭礼は盛大を極めた。


基本を忘れた子供に、基本を思い出してもらいたいと願っている「かもしれない」産土神


基本は土です。
それは誰かに愛されて生まれて、誰かに愛されて育って、今日誰かに見守られているということです。


それを忘れて
一人で生きていると思っている、
そういう人間を産土神は悲しむでしょうか。
いいえ。悲しむというのは消極的な人間のやることで、
産土神は積極的に「追い込もう」とします。


扉を閉め、ゆっくりと追いかけ、
より狭い狭いスペースへと追い込んでいきます。


そして直接脅しつけることはせずに、
ネズミを捕獲する罠のように
土を仕掛けるのです。


ほんとうに一人で生きているんですか?


おかげさまで生きているんじゃなくて?


ほんとうに?ほんとうですか?


あなたは土を拾う。
あなたは土に触れる。



中国南部の広東省の広州市、仏山市など各地で4日午後から夕方にかけて、猛烈な竜巻が発生し、地元紙によると、計5人が死亡、約170人がけがをした。4日は強い台風22号が同省に上陸したため、周辺の気流が不安定になっていたとみられる。



フランス南東部コート・ダジュール地方が記録的な豪雨に見舞われ、老人ホームやトンネルへの浸水で多数の犠牲者が出ている。現地からの報道によると、4日までに17人の死亡が確認され、4人が行方不明になっている。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
08 2017/09 10
S M T W T F S
23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]