忍者ブログ
fumalhut72015-10-06
スピリチュアルメッセージ From 寺○夫美子氏より引用させていただきます。


引用はじめ



2015-10-06 冬至までの道のり


地球の呼吸が粗い。


次々に放出される押さえられていたエネルギーが、地球の呼吸と共に地上に現れてくる。


私達人間には、ただ静かに受け止めるしかない。


こうなったのは、私達のこれまでの生き方の結果。


これから益々激しくなるだろう。


せめて、今、私達が心の清らかさを選ぶなら、そして感情よりも理性を選ぶなら、自分の主張よりも他者の主張に耳を傾けるなら、この激しさが押さえられるかも知れない。


正しいと思うことを、誠心誠意尽くしていけばどうにかなる時は過ぎ、正しいと思うなら、今すぐそれを表して行けと伝えられる。


その正しさとは、自分本位で感情的な事ではない。


血気にはやるなら、その血気自体を収めるべく努めることだ。


自分こそが正しいと思うときこそ、静かに耳を傾けなければならない。


秋分で高まったエネルギーは、人々の心の素を刺激し、偏ったままの感情が放出された。


その渦に巻き込まれてはいけない。


感情は感情を刺激し、偏りは偏りを増長させる。


これから冬至に向けて、私達一人ひとりが、どこまで偏りを修正できるのか。


自分の正しさこそが正しいとぶつかり合う偏りの対立を終え、共に求める正しさを見いだす努力を始められるかどうか。


そのうねりを起こさせることが出来るかどうか。


大きな節目を迎えるこの12月に、波動の壁が超えられるかどうかが決まる。


合掌。



引用おわり


この方が「誇り」について書くとき、凛としたものが伝わってきます。
他者の主張に耳を傾け、血気自体を収めるべく努める。
自分の正しさこそが正しいとぶつかり合う偏りの対立を終え、共に求める正しさを見いだす努力を始められるか?
忘れないでいたいと感じました。



(CNN) 米ユナイテッド航空の米国内便で6日、飛行中に副操縦士が意識を失い、同機がニューメキシコ州の空港に緊急着陸するハプニングがあった。米国ではこの前日、アメリカン航空の旅客機の機長が飛行の途中で急死している。
同空港の広報によると、ユナイテッド航空1614便はテキサス州ヒューストンからカリフォルニア州サンフランシスコに向かう予定だった。ところが機長から管制塔に、副操縦士が飛行中に意識を失ったと連絡が入り、同機はニューメキシコ州のアルバカーキ国際空港に緊急着陸した。
副操縦士は自力で歩いて同機を降り、近くの病院に搬送されたという。容体や病名は公表されていない。ユナイテッド航空は、当初の目的地に向かう便を手配している。
一方、5日に急死したアメリカン航空のマイケル・ジョンストン機長(57)は、当局が検視を行った結果、病死だったと断定した。ジョンストン機長はアリゾナ州フェニックスからマサチューセッツ州ボストンへ向かう飛行の途中で死亡。同機は副操縦士が操縦を引き継ぎ、ニューヨーク州シラキュースの空港に緊急着陸した。



(CNN) 「もしもし?」。かかってきた電話の声は途切れ途切れでほとんど聞き取れない。それでも窮状は明らかだ。「私たちは最悪の状況に置かれています」
電話を受けるアミーナ・サイード・ハサンさんはイラクの元議員。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に拉致された女性たちの脱出を支援する活動を展開している。 電話は毎日のようにかかってくる。ハサンさんは、少数宗派ヤジディ教徒の女性たちをできるだけ多く助け出したいと願う。
イラク北部のモスルを掌握したISISは、ヤジディが住むシンジャル山に侵攻して女性や子ども数千人を拉致、男性は殺害した。非イスラム教徒の女性を捕虜とすることを正当化し、強姦(ごうかん)も許されると主張している。国連は、ISISによるヤジディ教徒の大量虐殺を非難した。
ハサンさんのもとには、行方不明になった大勢の女性らの家族が助けを求めにやって来る。ハサンさん自身もシンジャル出身のヤジディ教徒。「知り合いも大勢拉致された。親類もいるし、近所の人もいて、私に電話をかけてくる」と話す。
女性たちを奪還するためのネットワークは夫のハリルさんと共に運営。ハサンさんが電話を受けるとハリルさんが危険を冒してシリアとの国境地帯へ向かい、女性たちを連れ戻す。
これまで救出した人は100人を超えた。35歳の女性は6人の子どもと共に拉致され、ISISの奴隷市場で売買されたという。
女性はハサンさんへの電話で助けを求め、「2台の大型トラックで村からどこかへ連れて行かれた。どこかは分からない。トラックに乗せられそうになって抵抗した女性は殺された」と訴えた。
幸運にもこの女性は脱出に成功した。しかしハサンさんによれば、多くの女性は繰り返し強姦され、暴行されて、助けを待てずに自ら命を絶っているという。 「彼女たちを何とか救出したい」「何百人という少女たちが自殺した」とハサンさんは涙ぐむ。「少女たちは救出の望みを失って、ISISに何度も何度も売られて強姦され、自殺している。ほとんどは連絡が取れなくなった」
ハサンさんはこうした活動が評価され、米国務省に表彰された。それでも救えなかった女性たちのことがいつも頭から離れないという。「『いつ助けてくれるの』と尋ねられても答えられない。私は政府でも何でもなく、ただの個人だから。とてもつらい」。そう語るハサンさんは、電話を武器に、どれだけ離れていても女性たちを助け出したいと希望をつなぐ。








PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2017/10 11
S M T W T F S
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]