神意から外れたことは崩壊する


そういう理屈のたとえとしてはプラスチックがある。土に還らない物質を造りだしたのは人類であって、悠久ともいえる長い時を経た自然界ではなかった。
母星である地球との不調和を造りだしてそれを増大させ続けるとき、安全でいられると考えるほうがどうかしている。地球との調和を神意との調和に変換するだけだ。
戦争というのは、1分先にはどうなるかわからない状況に追い込まれることであり、見通しが短くなればなるほど覚悟はより深いものが要求される。嫌だと拒絶しても要求は続く。n220001






2019年1月15日(日本時間)、日米欧のフェルミ・ガンマ線観測衛星などが強いガンマ線の放射を検知し、22秒後に世界中の観測施設に通知。MAGICはその40秒後に、GRBの方角に視野を向け、観測を始めた。


解析の結果、ガンマ線のエネルギーは1兆電子ボルトまで達していたことが判明。約45億年前に太陽の数十倍以上の質量を持つ恒星が重力崩壊し、ブラックホールが生成される際に放出されたと推定された。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
28 29
HN:
Fiora & nobody