【ミラノ共同】ギリシャ海運省当局者によると、同国東部レスボス島沖で28日、難民や移民を乗せたボートや小型船が悪天候により遭難する事故が相次ぎ、子どもを含む少なくとも11人の死亡が確認された。これまでに240人以上を救助したが行方不明者がまだいるとみられ、沿岸警備隊などが捜索を続けている。
冬の到来を前に駆け込みで渡航するケースが増加しているとみられ、トルコから対岸のギリシャ東部の島々に上陸し、欧州入りを目指す難民や移民の流入は止まらない。難民らの大半はシリアやアフガニスタンから逃れてきた人たち。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody