地球上の陸と海の比率はおよそ3:7だったと思う。
この頃フィオラは私の知らない私の海の部分なんだろうかと思うことがある。


過去生なんて覚えていないし、特に興味もない。最初に会った時、真後ろにいたのを見て妙な感じがした。真後ろという意味は学校の体育の授業などで整列した時の「ぴったり、測ったように、背中の後ろに隠れるように、真後ろ」ということ。


やっぱり背後霊なんじゃないだろうか。まあ別にどこの誰でもいい。
もしも死(再統合)のガイドなら、その計画は私が事前に決めたことに違いない。
時間制限をかけなければ、真面目にやらない性格を見越しての保険なのかも知れない。
誰しも残り時間なんてわからない。
だから今日を悔いのないように生きたのかどうかだけだ。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
28 29
HN:
Fiora & nobody