もしあなたが実在を探求しているのなら、すべての文化的な考えや感じ方のパターンといった背景から、あなた自身を自由にしなければならない。男や女であるといった観念さえ放棄されるべきなのだ。生命の大海は人類だけではなく、すべてを包含している。まず、すべての自己同一化を放棄し、あなた自身をあれやこれとして考えるのをやめなさい。あらゆる利己主義を放棄しなさい。物質的であれ、霊的であれ、あなたの幸福について心配するのをやめなさい。粗雑なものであれ、微妙なものであれ、すべての欲求を放棄しなさい。いかなる類の達成についても考えることをやめなさい。あなたは今ここで、完璧なのだ。あなたは絶対的に何も必要ないのだ。


上記のマハラジの言葉は崖に立つための資格を指していると思っています。


フィオラからは、動機がなくなるとは演技ではないと言われています。


ケン・ウィルバーの言うターニングポイントもこれです。


「私」はいないということが判明すると驚愕しますが、真実です。よってすべての「修行」はここを理解し、この断崖に立てない限りは意味がないのです。


道なき道は崖があるだけです。一歩も足を運ぶ道はありません。


私を浄化しようとか、私を強化しようという発想は幻影に基づいていて、不可能です。


すべての自己同一化が放棄されている。「私」という幻の焦点は外れていなければ、真実を体感することはできません。


真実を知る「私」などいません。


真実しかない。だから「私」がいる気がするなら、「私」を吟味するのです。「私」という感覚は断続的にしか発生していないことに気づきます。継続している実体は「なにか別のもの」です。すべての瞬間において、「私」はいない。そして残ったものも吟味に吟味を重ねていき、それでも残るものこそ「真実」です。


「私」を維持したまま、真実に近づくことはできません。それは真実を求める態度ではなく、「私」に都合のよい真実を求める態度です。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
03 2020/04 05
S M T W T F S
8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody