忍者ブログ

S(スプラナ)定着について その2


下の動画のワイパーのたとえ話もとてもわかりやすいです。
S(スプラナ)というのはワイパーがびゅんびゅん通り過ぎる中で動かない道路のことです。


後頭部に意識の焦点があたるというのは結果にすぎません。
つねに顔の真正面を見ていればいいんです。
つねに、真正面です。


正面に、想念は通過しているでしょうか。
想念がワイパーです。


道路を見るには、想念と想念の間を見ます。
具体的に言うと、


想念を新幹線のようなものと捉えた場合、
先頭車両がやってきて、胴体が通過し、最後尾車両が消えていきます。


この最後尾車両、お尻の部分に注目します。


「おにぎり」という4文字の言葉の想念なら、「り」の部分ですね。


この最後尾車両が通過していくと代わりに空間が生まれてきます。
飛んだトビウオが湖面に波紋を残して沈んでいく一瞬をとらえ、湖面にのみ集中するんです。


ワイパー(新幹線、トビウオ)が通り過ぎるところ、
想念が「消滅」しかけるところに集中して、生まれた空に意識が自然にとどまります。


これがSです。振動しているというのは、空に意識をとどめるならすぐわかるようになります。


両目と両耳を結んだ台形の中心、
息を吸い込んだときの呼吸の上端(つまり喉の奥に感じられる後頭部)


ここに常に意識の焦点がとどまるようになります(前方を見ているのに、物質的な対象物は見ていないで、想念と想念の隙間、非顕現の空間を見ていることになります)。


顕現ではなく非顕現を見ています。
言い換えると「名前とカタチを見ていません」


この微細なSというデフォルトの意識の焦点にとどまり、
流れてくる想念に「ついていかない」ようにします。
実際デフォルト状態ではついていかないんです。


ところが「必ずついていく癖」が出来上がっています。
この癖の解除に時間がかかります。


この一連の流れがS定着です。


S定着に関してはその1、その2ここまでの内容でいいと思い直しました。
これ以上長々書いてしまうと余計な情報でかえって伝わりにくくなりそうです。


1、つねに1秒以内に思考に気づき
2、正面を見て想念の消滅を確認してからスプラナにとどまります。


状況が変わるのは、想念がまったく出なくなったときに変わっています。
想念が止まらない場合は、「私」を「現す」「引き起こす」のをやめてください。
「私」そのものが「想念」です。


これを実践してかつ、想念が止まらないなどの場合はご質問いただければと思います。



今日をありがとうございました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
nobodyさん
また混乱です。
Sはすでに定着しているということですが、確かにSが主体という意味ではそうかもしれませんが、活性化していないという意味では定着していないということではないのでしょうか?例えて言うなら筋肉みたいなもので、使うことによって強くなるみたいな?

Sに注意を向ける(意識は意識自体に意識的になる)ことでエネルギーが活性化して失われなくなる地点が定着だと思うんです。それがこの練習の目的かと。

実のところ(これはあくまでもアジズ路線です)S定着は脳トレみたいなものだと思っています。そういうと夢もロマンもありませんが…
脳の中の視床(ステートオブプレゼンスの位置)を活性化させる。ただそれだけの練習かと。

思考観察の練習していてなんか違うぞ、何かが間違っていると思っていたのですが夜中にふと目が覚めて分かりました。
今の練習では無思考になることがゴールのような感じですが、

思考→無思考→思考

この無思考に気づいているのは誰か?

ここを問う必要あると思いました。
無思考に気づいている主体があるのでは?と。
無思考=主体ではないと感じます。
今の練習では1日中無思考でもS接触はしていないと感じます。

偉そうなこと言ってますが相変わらずその主体を認識できず苦しんでます笑
路線が違っているので話が食い違っているのかもしれませんね汗
SP 2015/04/10(Fri)17:11:18 編集
Re:無題
SPさん、ご質問として捉え、わたしが考えられる範囲でお返事させていただきます。
あくまで単なるわたしの考えですので、使えるところがあれば拾っていただけたら嬉しいです。


>nobodyさん
>また混乱です。
>Sはすでに定着しているということですが、確かにSが主体という意味ではそうかもしれませんが、活性化していないという意味では定着していないということではないのでしょうか?例えて言うなら筋肉みたいなもので、使うことによって強くなるみたいな?


いえ、完全に定着(最初から活性です)しています。そして、筋肉のように増えたり減ったりしませんし、いまこの瞬間SPさんのS(スプラナ)は完全なS(スプラナ)であり、本当のSPさんはどこにも過不足なく、本当のSPさんです。ですから真我と言えます。
増えたり減ったり強くなったり弱くなったりするのは二極性に左右される単なる変化物です。真我というのはそういうものではなくて無で無限です。SPさんが無で無限です。自分はそういうものではないと「想像しているだけ」かもしれません。よく言われる言い方ですが「気づき」です。「スクリーン」です。ですからそこに映る映像ではありません。
もちろん「スクリーン(ありとあらゆる潜在的可能性)」と比較すると、スプラナ(振動)などという動きの次元は映像にすぎないんですが、映像は映像でも、この振動は「振動する光」の振動であり本源的なものです。SPさんの肉体も、高次エネルギー体も振動していますし、魂も振動しています。これらの身体も魂も、この同じ「振動する光」でできています。
定着と定着以外を分ける条件は足し算ではなくて「引き算」です。
余計な思い込み、信念など、想念に翻弄されない、翻弄される癖が抜けた状態が定着です。
物心ついて以来マインドの癖にどっぷり浸かってきた私たちはその「癖に騙されて」います。
混乱している場合は、「混乱している私」を捕まえてみてください。
真我もSも混乱していません。混乱しているのは別の何かです。「私を投影するマインドの癖」が混乱しています。


>Sに注意を向ける(意識は意識自体に意識的になる)ことでエネルギーが活性化して失われなくなる地点が定着だと思うんです。それがこの練習の目的かと。


時間をかけて得たものは、時間をかけて失われます。
目的は、絶対不動、絶対消滅しないものを見つけだすことです。
力を抜いて、努力をぱったり止め、何をしようとも失われません。
「本当のわたし」だからです。ですから、いったん見つけたら、二度と失われません。
それを指して「自由」と言われています。
束縛は概念です。束縛からの自由も概念です。
「自由」とは、この2つの概念から自由であることです。
「(理性による)理解すら必要ないところ」「一切の二元性が存在しないところ」にSPさんの本性、自由があります。


>実のところ(これはあくまでもアジズ路線です)S定着は脳トレみたいなものだと思っています。そういうと夢もロマンもありませんが…
>脳の中の視床(ステートオブプレゼンスの位置)を活性化させる。ただそれだけの練習かと。


SPさんがそう考えていらっしゃるのはわかりました。
もちろん、その考えに正しいや間違いもありません。
おっしゃるように物理的には単なる脳トレかもしれないですよね。


>思考観察の練習していてなんか違うぞ、何かが間違っていると思っていたのですが夜中にふと目が覚めて分かりました。
>今の練習では無思考になることがゴールのような感じですが、
>
>思考→無思考→思考
>
>この無思考に気づいているのは誰か?
>
>ここを問う必要あると思いました。


不要です。なぜそれが不要なのか、できるかぎり言葉で描写してみます。
その無思考に気づいているのはSPさんです。
SPさんの本当の姿は「あらゆる表現の否定形でしか表現できない名状しがたき存在(だからこの表現も無効)」です。その存在には特徴があります。
太陽が自動的に光っているように、「自動的に気づいている」んです(またはありとあらゆるものに「誕生」を与えている)。しかも太陽は一個しかありません。太陽に気づく別の太陽はありません。気づきは唯一で単独です。
オレンジ色とか、金色、緑色などの「色への気づき」は「色」そのものです。
気づきは「色を認識すること」ではなくて、
「気づき=色」なんですね。「見ること=色」です。同じ理屈で
「気づき=無思考」なんです。「気づき=思考」でもあります。
すべては気づきなんだけれども、名前と形(つまり想念)を除外してしまえば、真我が何だったのか感覚でわかる深度まで沈んでいくことができるんです。
「思考にさえ巻き込まれなければうまくいく」ということです。
気づきは二階建てではなく、平屋です。


>無思考に気づいている主体があるのでは?と。
>無思考=主体ではないと感じます。
>今の練習では1日中無思考でもS接触はしていないと感じます。


無思考に気づいている主体は本当のSPさん、真我ですね。
気づかれている客体の無思考も、真我です。
真我には主体と客体の分離、見る者と見られるものの分離はありません。
あるのは、見ることという単独の気づきです。見ること=気づきです。


疑念や違和感を感じていらっしゃるのはわかりました。わたしはあくまでもSPさんの感覚を第一にしていただきたいです。
ですので選択です。わたしは経験上の最短距離をご説明しているつもりではあるのですが、SPさんにとっては別の方法論の方が早くて適切かもしれません。わたしはアジズの考えをまったく理解できていませんから特にです。


ただ、S接触できているかどうかは思考に1秒以内に気づく位置を保っていただけるなら伝達ミスはないものと考えています。伝達ミスが小さくなるようにこの表現方法をとりました。


>偉そうなこと言ってますが相変わらずその主体を認識できず苦しんでます笑
>路線が違っているので話が食い違っているのかもしれませんね汗


どういう表現をとっていただいても、その挑戦を一人の同志として感謝しています。
SPさんが本当のSPさんを思い出すことは、そのまま全体のためです。
SPさんのその「苦しみ」は、全体が感謝を捧げる苦しみではないでしょうか。
また何かありましたらおっしゃってください。ありがとうございました。
【2015/04/11 02:00】
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]