忍者ブログ
二極化、意識の二極化は仕方がない


利を追求する一派と、義を優先する一派がいた場合、
どちらかがどちらかを説得することはできません。無理です。


水と油であって、どれだけ時間をつぎこもうとも、お互いに分かれることになります。


日本人が、そうなります。
利を追求する一派に利以外のものを追うよう説得することは、不可能です。


利を追求する一派が、神の下に、劣る存在であるわけでも決してありません。
利を追求する自由と、義を優先する自由は、同格です。


利を追求する一派のほうが、痛みと苦しみと辛さを生み出すというだけです。
それは激辛ラーメンのほうが「生きてる」と感じる、とかそういう好みの違いです。


分離を信じて突き進む!か、
分離を信じないでてくてく進んでいるか、


そういう違いです。


「私」がやるんだぜ!は分離の道です。
そういう分離感をあえて引き起こしたりしないと「風」が生まれます。


すべてはマル。
すべてはまんまる。
そういう人は、状況の本質に味方されます。


でも尖っている人も大事なんです。
尖る自由がないのなら、この世界を創った意味もないですから。


どれだけ尖っていいか。
好きなだけ尖っていいんです。


神はまんまるの人にも、尖っている人にも平等に侵入しています。既に。


要は、神を見ようとしたのか、
神を聴こうとしたのか、
~ようとしたのは「自分」ではなかったかということです。


その「自分」がいなかったら
いまここに何が「残る?」という話です。


神に形はありません。
神に色はありません。
神は無形、神は無名、神は無色です。


価値判断、そして裁きは
「誰がいつどこで」やっているのか。


この疑問に向き合えば、
「自分」とは「振り返ること」そのものだと気づきます。


恐れとは「愛される資格が(私に)ないという疑い」であることに気づきます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
05 2017/06 07
S M T W T F S
29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]