こんばんは。今夜のテーマは「無人島」発想です。

昔から気になってた発想なんですが、

もし「無人島にいて頼れる教師も本もない状況にいる場合、神をみつけるのに不利なのか?」です。

ノートもペンもありません。

言い換えると、神はこういう無人島のような状況が「不利になるような創造の仕方を果たしてしたんだろうか?」です。

この答えはわかりませんが、不利ではないように神は創造した、となんとなく感じるんです。

無人島が不利ではないなら、条件のほとんど全ては無意味になります。

そして無人島に「ある」条件の中に神は上手に隠れている気がしてきます。

インターネットはもちろんないし、豊富なスピリチュアル本もありません。

自分以外の人がいません。

あるのはありのままの自然環境と肉体をもつ自分だけ。

この時、神をみつけるのに不利ではないなら、
一体何があるのか。



あるがある?

それはそうです。

あるがないなら、認識できません。

あるがないなら、神をみつけようという発想がありません。悩みがありません。

そんなことはどうでもいいから神はどこでしょうか?

居場所さえみつければ悩みを解決してもらえるよう直接交渉するつもりです。

今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
28 29
HN:
Fiora & nobody