第三のヒロシマ前夜3


本当に新型なら。
核に類する規模の新型爆弾を作る技術力は北朝鮮にはない。それがあるなら米中露だと思う。でもたとえあっても中露には撃つ文脈がない。ありうるのは唯一米国が北朝鮮に対して使う場合だけだ。


その場合でさえ大義名分は相当大きなものでなければならない。
北朝鮮が太平洋で水爆実験を強行したとか、同盟国の国土にミサイルが実際に着弾したとか、
または「ソウルへの通常砲撃の着弾を確認した」とかに限られる。
米国は、強力な攻撃であればあるほど巨大な大義名分を必要としている。


新しい武器なら、新しい市場があるし、次のパワーゲームの幕開けになる。
中国を抑えるために何らかの「飛躍」を、あの米国が用意していないなどと信じられるだろうか。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody