大いなる創造物に対する最も悪質な嘘『地獄』


地獄で永遠に責められる、という類の主張がそうだと先輩は言いました。私もそれに同意します。大神様がつくられたこの大いなる創造連鎖に、人間の宗教が適当にでっち上げた地獄論はマイナスの側面が大きすぎると思っています。教訓として神と人をつなぐ「道具」となっている側面(子供のしつけのために捏造された童話)は否定しませんが、情報が不正確すぎるし、盛りすぎです。


(神がいまここにいないと信じている場合に限り)
一時的に、とても、苦しむことはある。がより正確な表現です。さらに言うと悪人が実在するように、悪人の強化型と言うべき霊も確かに存在します。


楽園、というのはいまここに神がいると感じられることであり、
地獄、というのはいまここに「絶対」神がいない、だから私は神に愛されていないと「確信」していることです。悪の本質がここにあります。愛されていないと「確信」していないと犯罪行為はそもそも実行できないのです。


あの世側でもこの世側でも神(基盤)との関係という一つのベクトルが無数とも言える階層を生み出しているだけではないかと、ほんとうは単純なエレベーターではないのかと感じています。n2335
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2019/10 11
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody