忍者ブログ

だいぶさぼってしまった。
何日分になったか確認するのも億劫な…

私がやりたい復習の目次だけでも書こう。

・そこにあるものを使う
・聖なるものにオープンになる
・耳を傾けることを学ぶ
・無条件の愛
・扉を開く
・努力を放棄する
・透明さ
・ハートを目覚めさせる
・欠乏感を除去する
・感謝
・執着からの自由
・内なる神の栄光
・別の次元
・同意という暴君
・犯罪と処罰
・力とその制御
・愛を惜しまないこと
・愛されることについてのメディテーション
・客観的現実という幻想
・奇蹟 行為の終わりへ
・宥しの道
・エゴの死
・贈り物

今までの記事の中ですべてもう取り上げてあるので、あくまで復習にすぎないけれど、特に重要なことをもう一度反復したい。

極めつきに重要なのは、
たったいまこの瞬間、わたしは神の無条件の愛に気づいているだろうか?
という質問になると思う。

この質問は、自己像とか現状解釈の一切に影響されず、胸の中心に温もりを探すきっかけになる。こういう聖典などを言葉を通して学ぶことそのものは地図を読もうとする行為で、気づきに集中するなどの実践は土地そのものを探検する行為と言える。


愛が感じられないのは、非常に簡単な理由で、
なんらかの怖れを握りしめているからにすぎない。

怖れが根っこにあって、それが自己防衛になり、批判になる。
批判の前提は、相手とわたしは分離している。相手は実在している。
自己が自己に向けて批判をしているとは、普通は気づかないだろう。

それは当然で、今まで全員が全員ダメ出しをもらい、影響されている。
他人にダメ出しをすることも、まったく同じ結果を生む。
愛は優越感や、劣等感が生まれた瞬間に感じられなくなってしまう。
エゴの目的とは、まったく逆の方向にいかなければ、愛を感じることさえ至難だ。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]