忍者ブログ

みんな、お元気ですか?パリから手をふる我輩。
これパリにゃんⅡって言う猫の写真集みたいです。大好き!こういう写真テンションあがってしまう…



あの勘違いに満ちた松果体訓練…。
あれから7ヶ月たって、自分なりに思うところを今日は書いてみます。



正解が何かという答えはない。


松果体接触にこだわってしまったのが私だけだろうと思うので(普通はもっとちゃんと人の話を聞いて冷静にやるね…)


その後の経過観察を含めて
松果体接触がどこへつながるかを書きます。私のいるところは…もう混乱のるつぼです。掃除する習慣のない部屋みたいな…。


方法論やテクニックなんて何の意味もない。意味があるのはエネルギー。
尽きないエネルギーの方が、人が本当に頼れるものだと思う。


呪文とか、質問、言葉をトリガーにする方法は、意識を集中するのに邪魔になるという人は結構多いかもしれない。
どんな短い呪文も詠唱時間が必要なのはご存じのとおり。
だから2音節の「だれ?」を推奨した時もありました。
トリガーが何かではなくて、あくまでトリガーを引いた回数です。


私がやっていたのは、もっとこう、原始的な方法で、頭がい骨の中の特定部位、松果体に意識の焦点が接触し、接触し続けたままにすること。常にプッシュ感がありました。それが力抜いた時とまったく同じだと気づいたのは定着後のことです。不要な力みでした。


大きな異変に気づいたのは胸の熱源が、
松果体接触時にじんわりと熱くなる、そういう反応と因果関係があることに気づいた時だった。思考観察をはじめて、1ヶ月強経過していた頃だったと思う。


だから私は、やまがみさんが4月1日と2日時点でとりあげた記事で、思考観察の説明としては完成したと思いました。私も言葉を尽くそうと努力したつもりだったけど、あれほど簡明に切れなかった。やっぱり人に伝えるには理解の深度が影響します。



4月1日と2日の記事に隙はなかったと思います。あれが呼吸につながれば、尚更です。
二つの意識状態とは便宜上の区別にすぎないものの、地図としての役割は見事にはたしていて、あとは実践、たゆまぬ反復実践だけでいい。やるのは面倒です。でもね、結局やるかやらないかで言ったら、やるしかない。方法論はどうでもよくって、「いま」に向かう「回数」を激増させる。これをできるかぎりリラックス方向でとらえたほうがいいと思いました。


だけど、その感覚は、思考観察を学ぶ一人の方の公開記録でガラリと変化しました。私の中では、決定的な弱点が生まれました。


気づいている意識をより上位の意識として考えることは、「それ以外」の今や、日常を送る人が自己無価値感による自己軽視から、思考に引き戻されてしまう結果につながる可能性があると思うようになったんです。


訓練前の時点から持っている自己批判・自己憎悪・自己蔑視・自己防衛が訓練の前提となる足元を砕いてしまう可能性があるという本当に大きな教えをいただきました。


誤解を招かないように言います、これはやまがみさんの弱点ではないです。思考観察を方法論として捉えた場合の弱点。やまがみさんは方法論はどこにも導かないと説明するくらいだし、そう捉えていないんですが、訓練する人が自然にそう捉えてしまうのは至極当然で仕方がないという意味です。


うまくできない。
その声に改めて耳を傾けるべきだと感じました。


ここにきて改めて、バーソロミューの優しさが身に染みました。すべての人の今は完璧です。苦しみを感じているなら、無意味に苦しみ続ける必要はどんなときもないんです。無意味に苦しむことは死とおなじです。魂の成長に苦労はいらない。喜びを通して成長できるし、わたしたちはいつも心を変えられます。


前面に押し出す価値があるのは、愛。言葉ではないです。特に愛を装った言葉では断じてないです。どんなに完成度が高くても特定の方法論ではない。だからこそ愛の放射ができている人物にしかサポーター役は果たせない。わかりきっているが、私は自覚しなければならない。


誰だって、価値がある。誰だって今がある。
その今に優劣など最初からないです。特定の教義がその他より勝ることもない。対等性を感じてもらえない説明の仕方は、おおざっぱに「説明者が悪い」んです。
人のなかに神をみていないからそういう結果になります。


みんなが求めているのは「愛」であって、何かに恐怖や怒りを感じる人間は、とてもとても兄弟のサポーター役にはなれない。誰かの自己無価値感を刺激してしまうから。これは私のことだけを言っています。どこかの兄弟の話ではないです。それが、私が感じていた違和感の正体でした。私は私を、批判していました。私は私の怖れに気づきませんでした。


だから諦めようではなくて、
だから、この自分を宥そう。


抱えている怖れに気づき、その下地の愛に気づく。


久しぶりにとってもフィオラに会いたくなりました。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
推移
実は私も、「思考の観察」を“ひとつの手法”として見た場合、弱点というか、欠点があると感じていました。(^^;)

(以前、nobodyさんも、どこかの記事で書かれていたと記憶していますが)思考観察は、冷たく感じるんです。
もっとはっきり書くと、意識はクリアになっても、ハートが開かない。(^^;)

そして、後になって、ニサルガダッタ・マハラジさんの本を読んでみて、理解できたことがあります。

思考観察は、瞑想の一手段であること。(「アイ・アム・ザット 私は在る」の242ページに記述があります。)
それから、マハラジさんのグルがマハラジさんに教えた内容。
「あなたはあなたが自分自身だと見なしているものではない。あなたが何であるのかを見いだしなさい。
『私は在る』という感覚を見守り、あなたの真我を見いだしなさい」

この中にある、「私は在るという感覚を見守る」というもの。
これを継続してみました。

「私は在るという感覚」…これは肉体のレベルから、静寂の一歩手前まで、全てを貫いて在る感覚でした。
どのレベルからでもスタート出来て、なおかつ、感覚を感じているとハートが開きます。(^^)
静寂(ただ在る)にも、比較的楽に溶け込めました。

今月の初め頃には、ただ在る状態から、愛と言うか、慈悲と言うか、その様な感覚を感じたと同時に、
急に大きな、温かいエネルギーが近づいて来て、意識の変容が起こるという予感がしました。
ただ、そのエネルギーの様なものが、あまりにも圧倒的過ぎて…思わず身を引いてしまいました。(^^;)
なので、結局、意識のシフトは起こりませんでしたが…今では、それで良かったと思っています。
(まだ準備が出来ていないという事が、ハッキリと解りましたので。笑)

私の思考の観察は、こんな感じに推移しております。(^^;)
光龍 2013/08/17(Sat)16:59:21 編集
おめでとうございます! Re:推移
光龍さん、こんばんは^^コメントとても嬉しくなりました。本当におめでとうございます。
深淵の崖の淵に立たれたんですね。道なき道の目的地である「そこ」はバーソロミューの記載で読んだことがあるだけで、私ではまだ一度も立ったことすらありません。その光のエネルギーに移行を問われたことは一度もないんです。ちら見と子供時代の憧憬のような憧れ、それがいまの私にはすべてです。


移行とはその崖の淵からすべてを捨てて飛び込むこと。あらゆる聖者が真の勇気を問われる一瞬だと聞いています。あらゆるグルができることは、その崖の淵を指すことだけですから、光龍さんは、ご自身でその目的地にたどり着けたんですね。最高の経過だと羨ましくなりました^^


>実は私も、「思考の観察」を“ひとつの手法”として見た場合、弱点というか、欠点があると感じていました。(^^;)
>
>(以前、nobodyさんも、どこかの記事で書かれていたと記憶していますが)思考観察は、冷たく感じるんです。
>もっとはっきり書くと、意識はクリアになっても、ハートが開かない。(^^;)


共感します。スタートは「今に物差しをあてることではない」はずなんです。今が完璧で、解釈は思考で二の次です。やまがみさんの体験と道があっても、それは贈り物の一つであって、すべての人に適用できたり、歩むべき万能鍵ではもちろんないです。今に寄り添うこと、自分を含むすべての人のいまに寄り添うことが一番の鍵ですよね^^


>そして、後になって、ニサルガダッタ・マハラジさんの本を読んでみて、理解できたことがあります。
>
>思考観察は、瞑想の一手段であること。(「アイ・アム・ザット 私は在る」の242ページに記述があります。)
>それから、マハラジさんのグルがマハラジさんに教えた内容。
>「あなたはあなたが自分自身だと見なしているものではない。あなたが何であるのかを見いだしなさい。
>『私は在る』という感覚を見守り、あなたの真我を見いだしなさい」
>
>この中にある、「私は在るという感覚を見守る」というもの。
>これを継続してみました。
>
>「私は在るという感覚」…これは肉体のレベルから、静寂の一歩手前まで、全てを貫いて在る感覚でした。


思考観察の「今の自分に気づいている」という表現のほうが狭義で、「私は…在る」「在るという感覚だけが信頼に足る、余計な味つけや解釈がない」のかもしれないと光龍さんのそのお話で思いました。できるかぎり私も真似させていただこうと思います。生来怠け者で、エネルギー実践を忘れることが多いので、あくまで頑張ろう目標でやってみますね^^;


とっても素敵な経過報告をありがとうございます^^私も希望をいただきました。また教えてくださいね^^
【2013/08/17 21:19】
09 2017/10 11
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]