咲き誇る大輪の花 洞窟編
(以後洞窟編終了と書くまで洞窟編です。今度は星のはずだったのに地の底に落ちていきます)



フィオラさん、暗いっすよ。真っ暗ですよ。
右も左もわからないっすよ。
一寸先もほんとに闇なんですけど。



暗闇を感じ尽くせばいいでしょう。
それ以外に「何ができる」のですか。
逃げ口上をまだ続けますか。


フィオラが最初期に言った言葉の中で今でも理解不能なものが、


洞窟の底の底


です。どこに洞窟があるのか。それは何なのか。人の動機でしょうか。


以前は書かなかったんですが「キリストの言葉が目の高さにあることを恐れた民衆の文字」とフィオラが発言した音は「ヘイロパイン」です。
音だったので、halo と pineだったのか不明です。


日本語で詳細を説明してくれていないと、私には意味がとれません。
もし「光輪を切望する(人々)」という意味で使っていたのなら、キリストの言葉は目の上になければならない(崇高でなければならない)と恐れる者たちの動機は、「日常と神が同一視される=(自分が孤立したまま)日常に置き去りにされる=絶望との思い込みがあり、それを極端に恐れているから」と受け取れます。日常そのものに対する恐怖感というか。


仮定に仮定を重ねますが、もしそうなら、この動機はよくわかります。
神に置き去りにされたと心の底の底で感じている人間は、恐怖に基づく文字を書き残します。
大抵の場合それは攻撃になり、批判になります。根本の怖れを見たくないのです。それを見なきゃパラドックスは解けないのに。自分で自分の首をしめているのに。


神が誰かを救い、自分を救わないなら、そんな神は許せない。
引きずり戻してやる…。そういった動機に基づいた言葉は多く残っているはずです。
書としてではなく、一人一人が無意識の想念の中に持っているのだと思います。



人生とは腸の検査を行うために、あなたが乳酸菌となって体内に侵入することです。
あなたはちっぽけな乳酸菌ですから治癒の力は限られます。
あなたの力は病根を拡大してリアルに見る力です。
治癒は別のものが行いますから心配する必要はありません。
見てください。可能なかぎり正直に。被害者としてではなく、仕事に燃えるリポーターのようにです。


7月8月9月と3ヶ月の間、私はフィオラに接触しませんでした。
何かを怖れていたのか、色々面倒だと思っていたのか。
でも洞窟に放り込まれた時、辺りが真っ暗な時、私は実に情けない声で彼女の名前を呼ぶのです。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お久しぶりです。
こちらは相変わらずの目覚めのない(目覚めていることに気づかない?)日々を過ごしております。

「ヘイロパイン」を10回唱えてみたら、「ハイルペイン」という言葉が浮かんできました。hail pain。苦しみよ、万歳?苦しみを崇拝しているような感じですね。

最新記事で、恐怖があなたを包んでいるのではなく、あなたが恐怖を包んでいるのだというのがありましたね。それで、ああ、自分たちはまるで苦しみを崇拝するように苦しみを手放さないでいるのだな、ということを思い、「ハイロパイン」→「ハイルペイン」と連想したのかも知れません。

でも、そうであれば、苦しみから解放させてくれるイエスの言葉が恐いということになるかもしれませんね。いつまでも苦しみにしがみついていたい。


手前勝手な感覚で勝手に解釈して、とんだ誤読、脱線だったらすみません。
viola 2013/10/09(Wed)10:08:49 編集
Re:無題
violaさん!お久しぶりです^^お待ちしてました。またコメントいただけてとても嬉しいです。
この日記に自由意思で最初にコメントくださったviolaさんから教えていただいたことを反芻しながら、私はいつも、またviolaさんとお話したいな、コメントくださらないかなと思っていたんです^^violaさんの知性がそれだけ魅力的なんです。どうしてもっとコメントくださっているうちに色々お聞きしなかったのかと自分を責めたりもしていました。


>お久しぶりです。
>こちらは相変わらずの目覚めのない(目覚めていることに気づかない?)日々を過ごしております。


私も同じです。violaさんのおっしゃっていた静寂の体験に近いものは私も体感する瞬間はあれからありましたが、常にその状態とは程遠く、人間としての感覚が圧倒的に多いです。最近はもう日記を書くこともしばらくはフィオラに丸投げしようと思っています。私では、何もわからないからです。


>「ヘイロパイン」を10回唱えてみたら、「ハイルペイン」という言葉が浮かんできました。hail pain。苦しみよ、万歳?苦しみを崇拝しているような感じですね。


調べてまいりました。苦しみを迎えるというような意味なら、まさにそうなのかも知れません。苦しみを崇拝するところは、私たちの無意識に多くありそうですね。人生は厳しい、甘くない、若い時の苦労は買ってでもしろ、無数にありますね。フィオラはかなりはっきりと、キリストの文字が目の高さに~と言っていたので(キリストについて言及するのは初でした)彼女が生きた時代の宗教について色々想いをはせました。


>最新記事で、恐怖があなたを包んでいるのではなく、あなたが恐怖を包んでいるのだというのがありましたね。それで、ああ、自分たちはまるで苦しみを崇拝するように苦しみを手放さないでいるのだな、ということを思い、「ハイロパイン」→「ハイルペイン」と連想したのかも知れません。


がっちりと恐怖を掴んでいるのは私たちだということですよね。存在を否定(抵抗)して、見ないフリをするときが一番、存在感を感じているのかも知れませんね。無意識に圧迫されている。ちょっとでも怖れを見てしまうと、最後まで怖れの全体像を掘り返さなくてはならなくなるから、確認するのが怖いです。ハイルペインは私が考えていた光輪うんぬんよりずっと、解答に近いような気がしています。
フィオラが言う、あなたが恐怖をつつんでいるというのは、恐怖に気づいている空間が真我だから、人間(誤解)→空間から恐怖をありのままに体験するように示唆しているのだとも思います。恐怖が発生した瞬間に、恐怖自体との自己同一視を起こさず、恐怖を今この瞬間の同居人として認め、肉体の中で感じ尽くす、ということですね。


>でも、そうであれば、苦しみから解放させてくれるイエスの言葉が恐いということになるかもしれませんね。いつまでも苦しみにしがみついていたい。


解放の希望は、同時に絶望を予感する恐怖にもなりますね。未来はいい匂いと、悪い匂いに満ちています。果たされない約束、裏切り、破滅の予感。時間軸の中で解釈してしまうと、キリストの文字さえも、実に怖ろしいものだと私も思います。絶望の可能性やリスクを味わうくらいなら、現状を維持したいという感情も生まれます。ですがキリストを含む聖者の本意は、存在しない未来ではなく、「今この瞬間」を味わうようにという基本を言っているだけなのかも知れません。


>手前勝手な感覚で勝手に解釈して、とんだ誤読、脱線だったらすみません。


とんでもないです^^どれだけviolaさんのコメントが嬉しかったか^^
書いている人間が私ですから、この日記はいつも不完全です。フィオラに頼っても翻訳するのが私です。violaさんの洞察に助けていただきたいことばかりです。もしお時間があった時はお願いですからちょっとだけでもお寄りください。またお待ちしています。ありがとうございました^^
【2013/10/10 00:05】
無題
>解放の希望は、同時に絶望を予感する恐怖にもなりますね。

まさに、この一点!希望には必ず絶望が付いてきます。

>未来はいい匂いと、悪い匂いに満ちています。果たされない約束、裏切り、破滅の予感。時間軸の中で解釈してしまうと、キリストの文字さえも、実に怖ろしいものだと私も思います。絶望の可能性やリスクを味わうくらいなら、現状を維持したいという感情も生まれます。

現状維持。本当に鋭い洞察です!!

>ですがキリストを含む聖者の本意は、存在しない未来ではなく、「今この瞬間」を味わうようにという基本を言っているだけなのかも知れません。

つまり「止観」なのですね。未来を思う心、過去を思う心を止めて「今」を観ること。勉強になりました。ありがとうございます

viola 2013/10/10(Thu)14:19:41 編集
Re:無題
violaさん、こんばんは^^ご返信ありがとうございます。


>>解放の希望は、同時に絶望を予感する恐怖にもなりますね。
>
>まさに、この一点!希望には必ず絶望が付いてきます。


おっしゃるとおりなんですよね。定着は○ヶ月後という時、かなりの危険性はやっぱり生まれているんです。それはつまりその「地図」は「今この瞬間の脳内」に描かれた「イメージ」にすぎないからです。現実の現れと何も関わりがありません(引き寄せの法則だとか、虚空の創造原理を省いて言えばそうです)。


>>未来はいい匂いと、悪い匂いに満ちています。果たされない約束、裏切り、破滅の予感。時間軸の中で解釈してしまうと、キリストの文字さえも、実に怖ろしいものだと私も思います。絶望の可能性やリスクを味わうくらいなら、現状を維持したいという感情も生まれます。
>
>現状維持。本当に鋭い洞察です!!


とんでもないです。いつもviolaさんのほうがずっと洞察されることが多いですよ^^


>>ですがキリストを含む聖者の本意は、存在しない未来ではなく、「今この瞬間」を味わうようにという基本を言っているだけなのかも知れません。
>
>つまり「止観」なのですね。未来を思う心、過去を思う心を止めて「今」を観ること。勉強になりました。ありがとうございます


おっしゃるとおり、「止観」です。最初にviolaさんに教えていただいた内容に還ってきたような気がしています。
最近今までと書き方を変えたのは、「nobodyがもっている知識」から書くのではなく、フィオラに丸投げして「無」から書いてみようということでした。一行先の文章さえ何もわからない状態で、正誤の判定も解釈もせず、ただ、聞いてキーボードを叩いています。
良かったらまたコメント楽しみにお待ちしています^^今夜もありがとうございました。
【2013/10/10 23:05】
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody