贈り物(プレゼント)


私が自分が今まで感じた感覚の中で最も信頼する感覚「炎」に照らして発言すると、私たちの財産というのはひとつです。それは今この瞬間そのものという贈り物(プレゼント)です。


その時、日常の自我にまみれた意識感覚と何が違うかというと、見方・受け取り方がまるで違います。世界は爆発的に喜ばしく、輝いています。贈り物にどれだけ感謝しているか、どれだけ祝福していて、されているか、愛して、愛されているか、人の個性を宝物のように感じているか。


構造は単純です。私たちは、贈り物をどう受け取るか、どう見るかという態度によって、意識状態を創り出しています。


絶望の中に住んでいるなら、それは贈り物を粗末にしているからです。


いま、粗末にしている。


いま、大切にしている。


いま、粗末にしている。


いま、大切にしている。


受け取り方が変わらないのは、ダメ出しに固執しているからです。
自分に対しても、他人に対しても、ダメ出しは同じです。大いなる一と分離したと錯覚する演技になります。


受け取り方なんですよね。


あとで追加するかもしれませんが、今夜は早めに書いておきます。
この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody