忍者ブログ
第一原理


私の思い出せる「記憶の中の残像にすぎない」第一原理は無だ。
それは今全身を覆い尽くしている。


無が「何もない」ことだと想像したのは、人間であって、無は結局、死と同じカテゴリーで想像にすぎない。
今生きている全員が、死を体験した瞬間はない。


ある、しか体験していない。
生きている状態しか体験していない。
生きている人間の言う「死」はただの想像にすぎない。


姿見に全身を映して、ああ、老いたなと思うことはあっても、
その瞬間の「ある」事実の源に変化を見ることはできない。
変化したのは肉体であり、映像だ。
人が死んだときにも、何が現実かは判明する。


人間はよく「どう生きるべきか」と尋ねるのだけれども
どう生きるべき、という方向を神様が指定したのなら、自由などどこにもない。
わたしたち以外に神様がいるのなら、統合などどこにもない。


好きなように生きればいい。
変わらずある変わりつづける瞬間(いま)を愛しているのか、ときどき自分に問う。
愛が条件にすり替わった時、愛せなくて苦しんでいる自分に気づく。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]