忍者ブログ

いまがあることに気づいている=現実


何をしたい、としても「いま」がなければできません。
「いま」が「ある」から、何かができるんですね。


「いま」は画像としては高速で移り変わりすぎていて「知る」ことはできません。
「過去(記憶)」は知ることができるのだけれど、「いま」は「わからない」ままです。


わからない、のがマインドは嫌です。
だからマインドは「いま」が嫌です。


マインドが持ち出すのは欲望か怖れで、追うか回避しようとします。
ですから「いま」から離れる動きしかしません。
「いま」からは離れられないんですが、「いま」が「ある」と「気づいている」状態からは離れられるんです。この部分が問題(があると感じているマインド)の核心です。分離とは「気づいている」状態からの分離なんです。


部屋が散らかっているとして、よし綺麗にしよう!
というのは欲望です。このままではゴミためになる、それは嫌!というのは怖れです。


このありのままの部屋を「愛そう」というのは怪しいドグマです。
愛するも愛さないも自由なんですから。


この汚い部屋を受け入れるとか、受け入れないではなくて、
その前にありのままの部屋が「もう、ある」んです。


これこそ現実です。もう、あるんです。それは解釈の前にある現実です。


この部屋を「汚い!」から「嫌!」と解釈するのも自由。
「散らかってる」けど「愛着がわく!」と解釈するのも自由。
「なんで」こんなに散らかったんだ!?という原因追求も自由。
掃除するか、引っ越すか、記憶を呼び戻すか、解釈後の行動も自由です。


解釈とか、それに基づいた行動とかどうでもいいんです。


現実


注意して調査しないかぎり、「現実」に隠されているものに気づかないということです。


現実に何が隠されているかは本人だけが発見できます。
その点の他人の主張は意味がありません。


いまあることに気づいている状態から離れているのかいないのか。


そして離れていないことで思い出す喜びをエネルギーにするか、
人生の苦しみをエネルギーにするか、どちらかなのだと思います。


苦しみは必要ありません
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
04 2017/05 06
S M T W T F S
28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]