潜在的可能性の中心で憩うことは、目的や動機をなくして初めて開く扉なのです。
なにも考えず聞いてほしいのはそのためです。
守るべきものをなくしなさい。
守る「べき」ものは自我の自我に対する自画像に過ぎません。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2019/10 11
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody