忍者ブログ
あなたは何を神に捧げているのかとあなたは何かはタイムラグなしに合一する
あなた=神との関係


唯一騙せない存在を挙げるなら、ポータブル神です。
胸の中央に陣取っているため、発案と同時に味わっているため騙せません。


人に対して悪いことを考えるとします。
これは神に対して悪いことを考えるのと同じなんです。
そして同時に神に対してある種の貢献(データ収集の貢献)を捧げていることでもあります。
神は自由意思を人に与え、人は神との関係を定めながら旅をします。


この世というのは神との関係でしかなく、
肉体というのも神との関係でしかありません。


他人なんていないんです。
神と(わたし)の関係、だけが「いる」んです。
「神とわたしの関係」は「神との関係」でしかないです。


どこのどの部分で神を信じられないのか。
どこのどの部分で神に不平不満をぶつけているのか。
それを目に見えるように顕現させたのが「人生」です。


神は2種類あります。
非顕現のなかの非顕現の神「スクリーン(無)」
顕現の神「映像(愛)」です。


chakura1_201408030004021cc.jpg
この図で言うなら
・愛=顕現神(形状・動きありの映像)
・大我(ブラフマン・非顕現のなかの非顕現プルシャ)=存在・意識・至福


この二つが区別できる者は
わたしが聞いた方の中ではカルキさんでした。
光の存在たちはこの程度は誰でも知っているようです。


光の存在というのはただの霊ではありません。私たちで言うところの高次エネルギー体が霊格の向上により変化し、エネルギー体の形状をとらず光そのものに変わっている霊界上層の意識存在です。彼らが人間と関わる場合は決定的な特徴があります。意見の押しつけや強制は絶対ないということです。特定の人間の利益になるようないかなる宣伝も当然ながらありえません。協力要請をしないかぎり介入もしてくれません。


スクリーンのほうがすべてとの関係ごと超越してしまうので、
神(顕現神=愛)自体とも無縁になってしまいます。
「あらゆる表現の否定形によってしか指すことができない」
この日記で虚空と呼ぶ概念です。
ラマナ、ニサルガダッタ、プンジャジまではほぼ間違いなく到達しています。


映像(愛)の顕現神は
スクリーン自体を除く映像の中の頂点の神であり、
映像の全体そのものが愛、個別の映像も愛、神の姿としても愛です。
この「映像の画素」のことを「大いなる愛の光」と呼んでいます。全体で一つでありながら中心に位置するのが愛の神・創造主です。


フィオラによると人間の体内に顕れる神の姿は黄金の球体のようです。黄金の太陽のような光の球体が70億人の胸の中に埋まっています。楕円ではなく真円の球体です。


神との関係であるわたしたちは
この2種類の神との関係を問われています。


わたしたちの本当の姿は最初から最後まで、原初から未来永劫
スクリーンです。単体であり、不可能はありません。すべてはスクリーンが見ている夢です。


ただ魂としては、最高神「黄金の太陽」がビッグバン時に爆発分化させた神霊の光の子であり、すべてをこの神のために行います。なぜかというと神がわたしたちに贈ろうとしているものが至高だからです。神とはわたしたちであり、わたしたちとはただ神のために「顕れて」います。


1、スクリーン(無)との関係
2、黄金の太陽(愛)との関係


1番は自己矛盾です。スクリーンは何とも関係をもたないのですが、光の子であるわたしたちが真の自己としての無を思い出す過程が訪れます。2番が吹き飛んでも1番は永遠不滅です。ですからわたしたちは全員不死でありいつまでも安全ですし、愛する人との離別もありません。みんなでひとつだからです。
1番とはつまり、無知消滅の進行具合、同一視の思考過程からの自由です。


2番が人間そのものです。人間も映像。人間があるのはそもそも創造主があるからです。
映像だからそれらはない!という意見には若干誤解があるような気がします。
波打ち際で波よ止まれ!と言ったら波は止まるでしょうか。
わたしたち人間は生きている間はこの映像と付き合わなければならないんです。
この映像内の最高責任者は創造主です。


今の世に顕れた人間が問われているのはこの2つです。


フィオラが顕れて伝えたかったことのひとつは
2番の黄金の太陽を胸中心に起動させないかぎり、
(起動というのは魂の目覚めがないと太陽への気づき・顕現もないため)


これから来る災害の中を人が生き残ることはできません。
ですから急いでください。


神との関係を胸に球体を感じとる状態までに仕上げる必要があるとのことでした。
単にハートチャクラを開きますということではないようです。
創造主への愛がなければならず、それは日常からの神との関係です。


怖れ=神との分離を信じる強度
愛=怖れを見つめた量


神との関係が生かされています。


今日をありがとうございました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]