宇宙の基本的現実はエッセンスである。これには個人的なエッセンスと、あらゆるもののエッセンスが組みあわされたものとがある。後者はユニバーサルエッセンスとも呼ばれる。すべての創造物はそのエッセンスからくる。人間の意識、心、感情、物質、肉体さえも。健康は自己の真にユニークなエッセンスを意識、心、感情、肉体へと浸透させた結果だ。健康や病気はこのプロセスから創りだされる。エッセンスは自分そのものだ。


病気は意識または意図の歪みのせいで、エッセンスが各レベルを通して肉体へと浸透するのを妨げられた結果である。病気には、自分がどのように自分自身を内奥のエッセンスから切り離そうとしたかがあらわれている。


人が創りだすものは、自分自身からも自分の属する集団のレベル全体からも、ホログラフィー的に生みだされる。集団とは、最も近しいグループから宇宙的規模のつながりまでを含む。つまり、我々が創りだしたものは自分だけの力ではなく最も強いつながりを持つ人々に強く影響されており、そこからホログラフィー的に生みだされる。また、つながりの弱い人から受ける影響は弱い。


患者あるいはヒーラーとして我々が立ち向かうのは、ホログラフィーモデルが与えてくれる機会を受け入れ、理解し、利用することを学ぶことだ。真の意識とエネルギーの世界こそが一次的現実である。二次的現実、つまり物質世界に焦点を当てる科学は幻に基づいており、したがって幻のようなものだ。とすれば(この説を支持する証拠はある)、世界は我々が基礎としている三次元的定義から想像していたのとはまったく異なっている。これに慣れるには練習が必要だろう。我々は旧来の世界の定義に慣れてしまっている。


まず第一に、自分自身をかえ、ホログラフィー的視野を受け入れなければならない。これは自己のアイデンティティと自己責任の感覚を大きくかえ、自己の行動により大きな責任をとるよう迫る。自分の行動は自分にもほかの人にも影響するからだ。同時に、そのための無限の資源も与えてくれる。現在の段階においては、この一次的現実においてどれほどのパワー、知識、エネルギーが使えるようになるかを我々は想像もできない。
バーバラ・アン・ブレナン

今日もありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
27 28 29
HN:
Fiora & nobody