忍者ブログ

平成終了


平成が一八十成と分解できることは有名だ。フィオラの意見を汲んで解釈すると、岩戸神話のように「あのお天道様」が水平線から日の出のように「昇る」時、あなたは神界の方向性に合致していますか? 大丈夫ですか? 180段(この数は比喩と捉えてよいと思っている)の階層分けは「もう間もなく完了し、後でギャーギャー言ってももう遅いですよ」という話の筋らしい。「(これまでの人生の)証拠はあるんですか!?」と聞くと、「あるよ」と言われるそうだ。だから平成が二年足らずで終了するお知らせは、顔面蒼白もののお知らせなのだ。あちらの世界では「一切の嘘が効かない」ので、鏡に映ると





こう映るキュートさだけが売りの我が一族は…。残りの時間で思い残すことのないようにちょっとずつ片付けようと思う。


画像5
ありのまま楽しめなかったりするのは


「私」をどこに配置すればいいか特別な椅子というか待遇を探しているからだと思う。こんな椅子に座れるか私を誰だと思ってるんだぁああん!? 自分ファーストにいちばん苦しんでいるのは神を見失った家なき子、自分だ。神はどこにいるのかしら。


画像12
「場所」と「場所ではない」


という関係のように、「私という概念と絡む」と「私という概念と絡まない」がある。「私と絡まない」というのは相対的な場所ではなく、ただひとつの絶対的な場所を示している。



運び手も大勢いるんですよ。でもわかってほしいのは、運賃はあなたの人生からしか生まれないということです。今日の運賃はあなたの今日の軌跡である、経験、学び、「神への」感謝からしか生まれないのです。運び手が行き先を間違えないように、あなたの人生を手渡してください。Fiora


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
10 2017/11 12
S M T W T F S
25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]