自然界ではどんな小さな生物にも役割があり循環的である。






中に入ると、アンモニア臭が鼻をつく。1階の部屋には狭いケージに入れられた猫が多数いるほか、妊娠中でおなかを大きくした猫が何匹もうろうろとしていた。2階を住居スペースにしており、3階にも数十匹の猫がいるという。
この住宅に住む女性が猫の繁殖を始めたのはおよそ10年前。最初は小規模に始めたが、このときは常に20~30匹の子猫がいるほどの繁殖業者に成長していた。ネットに広告を出して直接消費者に販売しているほか、埼玉県内の競り市に出荷している。
これだけの数の猫の面倒を、女性を含めて1~2人程度で見ている。当然、健康管理は行き届かない。
かつてこの繁殖業者のもとで働いていたというアルバイトの女性はこう証言した。
「とにかく病気の子が多い。治療を受けさせてもらえないまま死んでしまう繁殖用の猫もいました。くしゃみや鼻水を出しながら繁殖に使われている子もいて、そういう猫たちは、絶対にお客さんの目には触れないよう隠されています。親の病気に感染して死んでしまう子猫も少なくなく、働いている間は頻繁に猫の死体を目にしました。子猫は死ぬと冷凍庫に保管し、ある程度死体がたまると、業者を呼んで引き取ってもらっていました。成猫は1匹1080円で引き取ってもらっていたようです」
繁殖用の親猫を増やし、子猫を増産するなかで劣悪な飼育環境に陥る業者が出てくる一方、バブル状態の市場環境は、新規参入も促す。
脱サラや定年退職して猫の繁殖業を始める人もいれば、「農家の人で、野菜を作るより猫を繁殖するほうが効率がいい、と始める人もいると聞く。安易に猫の繁殖を始める人が相当いる」(大手ペットショップチェーン経営者)といった状況だ。


獣医師は様々なデータを用いながら、猫は日照時間が長くなると雌に発情期がくる「季節繁殖動物」であることなどを説明。そのうえで、繁殖用の雌猫に1日12時間以上照明をあてつづけることを推奨した。
「普通の蛍光灯で大丈夫です。長時間にわたって猫に光があたるよう飼育していただきたい。光のコントロールが非常に大切です。ぜひ、照明を1日12時間以上としていただきたいと思います。そうすれば1年を通じて繁殖するようになります。年に3回は出産させられます」
実は猫は「増産」が容易な動物なのだ。



時を経ると丸くなる
経験がその時点では異物であっても良くも悪くも影響を受け取り込んでいき丸くなる。
雪だるまのように時に汚れた土が入って黒くもなる。


1.海で死んだ生物がたまたま地中に埋まる
2.地中に埋まった生物が炭素を放射状に放出する
3.海水中のカルシウムと結合
4.炭酸カルシウムの球体が出来る


生物の形状がどのようなものであれ、地中で炭素を放出すれば中心から放射線状に結合するので、人工物の様に完全な球体となる。



香港抗議デモ、選挙後初の週末に勢い増す-警察は再び催涙弾発射
Manuel Baigorri 2019年12月2日 7:52 JST
香港では週末に警察と抗議デモ隊との衝突で再び催涙弾が発射される事態となった。区議会議員選挙での民主派勝利や米議会からの支持を受けて民主化運動は長期化の様相を呈している。
1週間前の区議会議員選挙以降、デモ隊と警察との衝突などは小康状態となっていたが、12月1日の午後に観光地の尖沙咀で黒装束のデモ隊数千人が行進した。前日の11月30日遅くにはデモ隊が道路を封鎖し地下鉄駅入り口に火を付けた。
11月24日の選挙では民主派候補が圧勝し、中国政府を後ろ盾とする香港政府を拒否する結果となったが、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は選挙後もデモ隊に新たな譲歩を行っておらず、それが週末に見られたデモ参加者の怒りに拍車をかけた可能性がある。
香港警察によると、尖沙咀でのイベントではデモ参加者の恐怖をあおりパニックを引き起こすことを狙った「暴徒」が発煙弾を投げたため、警察がデモ隊を追い払う目的で催涙弾などの法執行措置に踏み切った。この地区や店舗が破壊された近隣の黄埔ではレンガが警官に投げつけられ、通行人1人が攻撃されたという。
また、トランプ米大統領が先週、民主派を支持する香港人権法案に署名したことに感謝を表明するため米国旗などを掲げた人々が1日、米国の領事館に向けてデモ行進し、平和的な集会を実施。これらの群衆は同日夜には解散したが、暴動鎮圧用の装備をした大勢の警察官が2日午前2時(日本時間同3時)時点で通りに並んでいるのが見られた。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody