たとえば田中一さんという人がいたとして
彼は
田中一A(たなかはじめえー)
田中一B(たなかはじめびー)
がいることにおそらく自分では気づいていない。
Aは地上で人格を得た顕在意識上の田中一。
Bは彼岸での価値観と彼岸での「人生計画」上の判断を下している田中一だ。
このAとBが同時に、両面テープの両面のように同一方向に進みながら、同時に違うものを見ている。
Aは自分一人で生きていると思っているし、「自分の知らない自分(B)」がいるなんて思ってもいない。
3週間後に何があるか、Aは顕在意識から知りうることのみでその時を暗闇のように知りえないものとして見ている。
3週間後に何があるか、Bは「人生計画」から情報を得ている。
AとBは会話できないとは私は思っていない。n042358



【ロンドン共同】ロンドンで3日夜に開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の開幕イベントで、数人の加盟国首脳がトランプ米大統領を笑いものにする場面が撮影された。個別の首脳会談冒頭で記者団の質問に長時間答えるトランプ氏のスタイルを批判する内容で、トランプ氏の怒りを買う可能性がある。
トランプ氏は3日、ストルテンベルグNATO事務総長、フランスのマクロン大統領、カナダのトルドー首相と会談した際もそれぞれの冒頭で52分、39分、30分の計2時間1分も質疑に応じた。



天皇皇后両陛下 即位に関する一連の儀式終える
2019年12月4日 18時46分
天皇皇后両陛下は4日夕方、皇居の宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)の賢所(かしこどころ)に参拝し、天皇陛下の即位に関する一連の儀式を終えられました。
天皇陛下は午後4時半すぎ、宮中三殿の中央にあり、皇室の祖先とされる「天照大神」をまつる賢所の回廊に姿を見せられました。
夕暮れの中、天皇陛下は、平安時代から儀式での天皇の装束とされる「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み、歴代の天皇に伝わる剣(つるぎ)と曲玉(まがたま)を持った侍従らとともにゆっくりと進んで賢所に入られました。
このあと、拝礼して、即位に関する一連の儀式が滞りなく終わったことを伝えられたということです。
続いて皇后さまが、古式ゆかしい装束に身を包み、「おすべらかし」と呼ばれる髪型で賢所の中に入られました。天皇陛下と同様に拝礼されたということです。
賢所の前では秋篠宮ご夫妻など6人の皇族方が拝礼され、参列した三権の長や閣僚なども拝礼しました。
そして、儀式の最後に神楽の演奏と舞が奉納されたということです。
両陛下は、午前中、宮中三殿で皇室の祖先や神々に「即位の礼」と「大嘗祭(だいじょうさい)」が終わったことを伝える儀式に臨まれていて、これで、ことし5月から続いた天皇陛下の即位に関する一連の儀式はすべて終了することになります。



香炉峰(こうろほう)の雪はどうであろうか



米中の“2強”といわれるAI業界の現状は、
技術開発はアメリカの一強。GAFAの研究所は世界中にあり、欧米では大学の研究室ごと買収されるケースも多い。
ビジネス活用ではアメリカと中国が支配的。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
28 29
HN:
Fiora & nobody