忍者ブログ

塗り替えたい過去があっても


過去にこだわっていること自体はそんなに問題じゃないと思う。なによりきついのは、それが今の否定になっていることがきつい。


私たちが神をみつけるとしたら、それは開かれた今にしかない。
言葉ではなくて、本当に私たちにはそれしかない。


今を愛していないのに、対処療法を求めたって無駄だろう。今を愛していないことに気づくこと。怖れや不安を感じていることに気づくこと。気づけるのだから、気づける。



自分で自分の故障に気づけないなら、直しようがない。
それは故障でも、正義の故障だ。不可抗力だ。


でも気づける力が最初からあるのなら、不可抗力とは言えない。
気づきたくないだけなら、ただの選択だもの。


だから、他人に対しても有効な「言い訳」というのはなかなか見つかるもんじゃない。
決して見つからないのかどうかはわからないけど、そんなに言い訳にこだわるのもなんかね。


あなたはいまどこにいるの?


ぼくはいまここにいる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]