忍者ブログ

なにもないのにあるもの


手のひらの上になにもないとする。
手のひらの上にはなにもない。手はある。
手がなくなるとする。もう手もない。
それを見ている目はある。目がなくなるとする。もう目もない。
だから光はみえない。
そうやってすべてのあるものがなくなる。
もうなにもない。それなら「なにもない」という自覚も出るわけがない。
「それ」は、傷つかない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]