忍者ブログ

要求


今朝起きてすぐ、イタリア人に妙なことを言われた。


150年前の新聞を読みなさい。



よくよく読んだ上で、紙の上に書かれたそれらの文字を書いた者、心配する者、彼らが今も同じ内容を心配しているか、彼らにとって、そしてこの時代を生きるあなたたちにとって、それらの文字の実体とは何だったのか考えてみなさい。


今もあなたは文字を書けますが、それはなんらの正当性をもっていません。
表現の的確さを競っているわけでもありません。
さらに焼かれて灰になるのです。


リアルとは何でしょうか。
文字は何でしょうか。
あなたの人生の、深刻な悩みの実体とは何でしょうか。


フロンティアはいまどこにありますか。
(文字と遊離した、流れと遊離した、顕現と遊離した、コレを指している)



積むのではなく



流れるのです。



蓄積せず、取り込まず、本性にゆだねるのです。


という話。
フィオラは蓄積を強調していた。保存食や貯金みたいな感じだろうか。
蓄積が有利に感じるのはわかる。


だが本当は蓄積は起きていない。
蓄積が起きているように見えるのは、人型に生まれて忘れているからだ。
心で現実を掴めると誤解しているからだ。


愛はここにある。
距離が変動することはない。


貯金とペース配分も必要ない。
旅もない。


誤解があるのだ。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]