「鑑定は過去の価値を問いません。いま、どうあるかです」


いま、どうあるかが大切なのは全員です。


過去どうであったかは記憶にすぎず、それは今この瞬間に間借りしている精度の低い再現VTRのようなものです。しかもほとんどの場合、再生される必要のないものです。



すべては、源を指しています。
想像が混じることで、それが見えにくくなり、構造がわかりにくくなります。


想像しないで、コレを見るしかありません。
概念をやめて、コレで在るようになり、ただ在るようになり、ただの沈黙になります。



わたしたちは言葉の中で眠りにつきました。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody