一等賞の瞬間に


二等賞という観念をあてるのが人間です。
他があるという観念をあてるのが人間です。


真理だけは違う系統です。それは語れず、指せず、ここにあります。


条件の窓を通して見ようとするから「わたし」を忘れてしまいます。
光を忘れているのです。



この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody