レーザービーム「私は肉体だ」


意識の焦点が注目していること(現在進行形)が世界に反映されている(現在進行形)んです。
それは「私は肉体だ」と強くレーザービームを当てるほど


世界が固く、彩りのないモンスターとして動き出してしまうことです。


今この瞬間、このレーザービームを放っているのか、いないのか、が現実を分けているのだと感じます。


このレーザービームは、実際のところ誰かに放ってとお願いされたことはありません。
幼少期から、誤解して生まれた習慣です。


昨日カレーを食べた。カレーはおいしかった。またカレーが食べたい。


「私は」カレーが好き。


記憶の呼び出しを覚えた頃から「私」が生まれました。


これがレーザービームのスタートでした。



ホースと流れと真の勝利


水の入ったホースがあります。両側に出口があり、一方の出口を押さえると、水の流れはぴったり止まります。


これが人間関係と同じです。
癒しあう人間関係は、「どちらの出口も開いている」ときのみ流れます。


一方が閉じてしまえば、流れ全体が止まりますから、


すべての他人に対して「閉じている」人には


一切流れがありません。


その人のホースの出口は閉じているから仕方ありません。


この人にはいま「通じてないな」と感じる人間関係ありますよね。


あなたに対して「閉じている」ことは直感的に感覚できるんです。


ではホースの出口を開けばいいんでしょうか。


そうではありません。


開いていても、閉じていても、それはあなたが決めていることではないんです。


いま開こう、いま閉じようと思って管理している主体は存在しません。


このホースと流れは、映像なんです。既に決まっている映像です。


中にはとんでもなく閉じまくっているホースがあるかもしれない。
でもそのホースはあなたではないんです。


ただ単にそういうホースなんです。


あなたは、ホースではなく、閉じていようと開いていようと、映像がどうであろうと、それらすべてと「ともにある」愛なんです。


自分はこの閉じている残念なホース(人間関係)に過ぎないと誤解(同一視)している自我が、本当のあなたを引き入れるスペースを空けてくれれば万事解決します。


スペースを空けてくれずに、思考の独裁国家状態を続けてくれると、愛が作用することができません。


自我の力というのは、ただこれだけです。


「愛を邪魔できる」


この一点です。


真の勝利は、ホースの現状がどうであろうと一切無視して、愛を邪魔しないことにあります。


愛が隣に座るためのスペースを空けることなんです。



この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2019/10 11
S M T W T F S
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody