忍者ブログ

人生は今この瞬間複雑ではないんですよね


あるものがある。ところがないものをあると想像すると途端に複雑になるんです。


これですね、紙一重です。


紙一重なのに、天国と地獄の差です。


蜃気楼の川をめざして砂漠を歩くのと一緒で、延々と歩こうとも水にはたどり着きません。


ですが、砂漠の一歩は現実です。
この一歩を大切にする、調べてみる姿勢がエネルギーの浪費を防ぐ転換の始まりになります。


一番やめたほうがいい想像は「私がいる」です。
肉体の中に、「私がいる」。


これは今この瞬間の正確な観察からではなくて、吹き込まれた観念の地図に過ぎません。


名前をつけるのは、デフォルトの空白の後の行動ですよね?


デフォルトの空白「(名前をつけずに)ただ、ともにある」をわたしたちは軽視しているんです。



朝起きます。
個人として起きてください、とお願いした者は誰もいません。
そんなことを依頼されて一日が始まったわけではありません。


○○という個人として、起きた(と思っている)のは不自然なんです。


それは頭の中だけで名づけられたシールです。


それに、本当に、起きたんでしょうか。肉体が縦に起きたから、二足歩行しているから起きたんでしょうか。


常識を覆す疑問ですが、あなたは起きていないのでは?
肉体が立ち上がって歩行し始めたけれども、あなたは夜の睡眠中と変わらず、眠りから起きたわけではないのでは?


あなたは24時間気づいているだけで、見ているだけで、
見られている肉体が眠って起きたのでは?


肉体を個人として捉えたのは、思考では?観念では?実体ではないのでは?



イエス


既に実現されている「から」価値をもつんです。
いまから未来に実現させるのでは価値はありません。


わたしたちは既に「実現されている」ことに気づけます。
変化ではありません。


実現されていることに「観念だけがノー」と騒ぎ立てている滑稽な状況から抜け出すことなんです。台無しを上書きするのをやめる、ということです。


この観念を静める方法は実はひとつしかありません。
騒ぎ立てていること自体に「イエス」と言うことです。
ノーということ自体が、騒ぎ立てることだからです。
イエスかノーかではなく、イエスかノイズかです。


この「イエス」によって、自我そのものが空白に変わります。


「もう真我です。体験しています」
それ以外の主張は嘘です。


「もうゴールそのものです」
それ以外の主張は嘘です。


これがゴールなら、こんなゴールはいらない!
それが誤解です。


無限の愛・無限の歓喜・無限の自由は体験の中にあります。
体験をもっていない人は誰もいません。体験をもっていない人見たことないでしょう。
視点と錯覚によって無限を忘れているだけです。


神がわたしたちを失望させること、裏切ることは絶対にありません。


いまこの瞬間の体験に、ただ「イエス」と言い続ければいいのです。


他人に嫌悪感を感じたときは、自分の内に生まれた嫌悪感を愛してください。


捨て子のように扱わないでください。


他人と絶交しても構いません。構いませんから、自分と絶交しないでください。


イエス。認めてください。


この自分が、この自分であることを、ただ認めてあげてください。


言い訳を愛するのではありません。


この自分を、ただ、ありのままに、認めます。


その認める、は行為ではありません。既に認めている「何か」があります。


イエス。


欠乏を埋めようとするのではなく、欠乏そのものを認めてください。


欠乏に寄り添ってあげてください。


イエス。


いまこの瞬間に、ただありのままのこの瞬間に、


イエス。


そう言ってみてください。


いまこの瞬間、いまこの瞬間に、


時間を捨ててください。


非-時間と非-空間の静止している背景の光を感じるのではないでしょうか。


すべてこの光のなかで起きています。


最初からあなたがこの光だったんです。


今までは、限界があると想像した分だけ中心からずれていたんです。


あなたは何者でなくても良かったんです。最初から、あなたの中心はこれだったんです。


限界に同一視するあり方のほうが異常で、


あるがままがデフォルトであるこの感覚、これを思い出していただければ終わりなんです。



この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]