氷河期 その2


ほんとうの船頭の邪魔をしているのは「私」かもしれません。


何者かの私がいて当然と思っている場合、間違っている可能性があります。
ほんとうは、何者でもないかもしれないからです。


何者でもないから、自由なのであり、違いがないから、愛です。


何者かとして生きるために、ここにいるんじゃないの!?


いいえもしかしたら、何者でもなく生きるためにここにいるのかもしれません。



この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
05 2018/06 07
S M T W T F S
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody