氷河期(愛の画素だよ) その14


ロールモデル


というのは模範となる人やお手本になる人を指します。
それは一人一人違いますよね。


誰かがAさんって素敵ってうっとりし、
ええ!?やっぱりBさんだよ!と主張する人が現れます。


ロールモデルは個人にとって意味があるんです。
他人には意味がありません。


絵筆を渡され、真っ白なキャンバスを用意され、
「○○○○○○」という指示が与えられます。


この「○○」内の○○指示はなんという言葉だったでしょうか?


それは過去の言葉ではありません。
いま、囁いているかもしれない声です。


どんなロールモデルにわくわくされますか?


あなたにしかわからないわくわく感を、他人は理解できません。


理解しようと努めても、理解はできないんです。


個人とは二次的な同一化だとムージは説明していましたが、ここにこうして、
この個人となる意味がないのだったら、この個人を万全の叡智と愛が生み出すでしょうか?


意味はあります。
最高の絵を描く環境は既に、与えられています。


何が最高かを決めるものは、内側にあるんです。
「それ」が判断した環境を信じてみてもいいのかもしれません。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは、数か月前からnobodyさんの日記読ませて頂いています。私は精神的にまだまだですので理解に至れずの箇所もあるのですが nobodyさんの優しさと強さを感じていつも楽しみに読ませて頂いています。
溜めに溜めてしまった感情の塊を溶かそうと時にビフィズス菌のごとく体内に侵入しております。^^
一人でじっとしているときは感じやすいです。体がスピンしているような 乗り物に乗っているような感じになります。動作をしているときや人といるときは難しいですね。
今年はこのブログに出会えて感謝です。 
ありがとうございます。
青空 2014/12/27(Sat)23:19:00 編集
Re:無題
青空さん、コメントありがとうございます。
こちらの返信を後から書かせていただいています。


>こんばんは、数か月前からnobodyさんの日記読ませて頂いています。私は精神的にまだまだですので理解に至れずの箇所もあるのですが nobodyさんの優しさと強さを感じていつも楽しみに読ませて頂いています。


こんな日記を読んでくださってありがとうございます。
正直、わたしも、わたしの書いていることがよくわからないときがあるんです^^
わたしが自分で理解できないことを人様に理解していただくよう要求はとてもできません。こんな正体不明の日記に訪れてくださって、お忙しい合間にお付き合いいただいていることに感謝いたします。
わたしがこの日記を書くようになったのは、イタリア語で変な声が脳内で語りかけてくるという不思議な現象を経験してからなんですが、1年たったときも、精神病の一種なのではないかと自分で疑っていました。
2年たった今も、導きは続き、信頼は増していますが、いつでも霧のように「なかったことにできることにも」不思議な実体のない感覚を感じています。
不思議現象なんてどうでもよくて、結局は良心に従う後押し、こじつけになるなら何でもいいと思ってるんです^^


>溜めに溜めてしまった感情の塊を溶かそうと時にビフィズス菌のごとく体内に侵入しております。^^


ビフィズス菌としてもし作用させていただけるならこれ以上嬉しいことはないです^^


>一人でじっとしているときは感じやすいです。体がスピンしているような 乗り物に乗っているような感じになります。動作をしているときや人といるときは難しいですね。
>今年はこのブログに出会えて感謝です。 
>ありがとうございます。


感覚は無限です。
でも、ラマナ・マハルシや、プンジャジの伝統は
「決して変化しないものはいったい何か、そしてそれは誰のことか」
を想念の消えていく湖面、出現する湖面を調査することで突き止めることです。
つまり千変万化する感覚を
「演出している側は何者なのか」
突き止めることです。
感覚だけを比較してしまえば、人と話したり動作しているときは感覚が失われます。
では感覚が消えていく湖面自体は調査されましたか?
それは感覚ではありません。
ムージはこういう言い方をしていました。


「見ている」はある。
だが、「見ている者」としての「定点」はない。


「見ている者としての定点はない」が本当かどうか調査しなければ、本当に
「見ている」だけしか残らないのかわからないんです。


飛び魚が飛びます。
しばらく空を覆いますが、湖面に沈んでいきますね。
この沈んでいく飛び魚を誘導灯にして、湖面にひたすら集中するんです。


それが「わたしは在る」一本集中で他のマインドの動きを駆逐することでもあります。


読んでくださってこちらこそ感謝です。
ありがとうございました。
【2014/12/29 00:21】
無題
nobodyさんこんばんは。コメント二件ともにお返事いただきましてありがとうございます。
nobodyさんの誠実な対応にまた心が癒されました。
私も小躍りするほどとってもうれしかったです^^

感覚が消えてゆく湖面とのことですが、私の場合圧倒的な感情エネルギーの為 今は湖面まで届かない感じがするのですが何度も調査してみますね。
ありがとうございました。

私 小さい頃物心がついた時にはすでにとても緊張した子だったんですね。内側を感じないようにすることによけいなエネルギーを費やして。又こうであるべき自分を演じて何とか生きてきたようなところがあるんです。内面的には頼りなくてちょっと情緒不安定なんですよ。そのせいもあってか人生の状況まで悪化してしまって。でもだからこそ心の平安を求める気持ちは人一倍強いのかも知れません。

年末年始はなぜだかたくさん涙が出ました。人としての悲しみや切なさを感じ、また同時に感謝の気持ちや喜びも感じていたように思います。

年末年始の記事も読ませていただきました。nobodyさんが楽しみながら情熱を燃やしている姿が伝わってきますね。胸の奥に響く内容がたくさんありました。
すべてがメッセージなんですね。
本当にいつもありがとうございます。
それでは、またコメントさせていただきますね。
NONAME 2015/01/04(Sun)22:29:03 編集
Re:無題
青空さん、ご返信ありがとうございます。とっても嬉しかったです^^


>nobodyさんこんばんは。コメント二件ともにお返事いただきましてありがとうございます。
>nobodyさんの誠実な対応にまた心が癒されました。
>私も小躍りするほどとってもうれしかったです^^


とんでもないです。この日記はですね、コメントが3ヶ月に1回とかざらですので、日記を書いているわたしが(今日は何か来てないかな…)と普段から心待ちにしているんです^^すべてのコメントが宝物です。


>感覚が消えてゆく湖面とのことですが、私の場合圧倒的な感情エネルギーの為 今は湖面まで届かない感じがするのですが何度も調査してみますね。
>ありがとうございました。


とんでもないです。少ない情報で状況を想像しながら書いてしまいましたので、失礼がありましたらどうかご容赦ください。


ここに書くことは聞き流していただきたいんですが、圧倒的な感情のエネルギーということであれば、ただありのまま一個の事実としてご自分の揺れ動きのすべてを俯瞰されている視点を思い出すといいかもしれません。それは具体的には感情に「名前をつける」ことです。これは怒りだ、わたしはいま怒りを感じているようだ、とリアルタイムで一言実況するだけで、その感情そのものとの同一視から綺麗に外れます。その「外れた状態」で歯の痛みにじっと耐えるように感情と向き合います。「もっと来い!もっとだ!そんなもんか!もっと来い!」ぐらい感情に胸を開いて飛び込んでいきますと感覚がゆっくり、でも静かに変わりはじめるかもしれません。感情を貯めてしまう場合はその当時にそれを感じてはマズイと自我が判断して防衛されたものばかりなので、その正当な判断を「いまはもう必要ないよ、出ておいで」とゆっくり解除する過程ですから、「お帰り、よく帰ってきたね」という言葉も効くかもしれません。わたし個人は感情解放が苦手でして、つまり子供時代から溜め込むタイプでして、これだけが知っていることのすべてなんです。


>私 小さい頃物心がついた時にはすでにとても緊張した子だったんですね。内側を感じないようにすることによけいなエネルギーを費やして。又こうであるべき自分を演じて何とか生きてきたようなところがあるんです。内面的には頼りなくてちょっと情緒不安定なんですよ。そのせいもあってか人生の状況まで悪化してしまって。でもだからこそ心の平安を求める気持ちは人一倍強いのかも知れません。


そうでいらしたんですね。その状況のすべてが導きかもしれませんよね。
心の平安を求める気持ちは何にも勝るパスポートだと思います。
わたしの師匠は「大胆になることによって。繰り返しの日常とは違うところに目を向けることによって。自分で自分に贈る最高のプレゼントは神、または神のエネルギーと一体化することです」と言っていました^^
大胆さを自分に許す、って大事だと思います。


>年末年始はなぜだかたくさん涙が出ました。人としての悲しみや切なさを感じ、また同時に感謝の気持ちや喜びも感じていたように思います。


すっごく青空さんの時間の過ごされ方が素敵に感じました^^
わたしたちは涙が流れるかぎり、いい方向に、魂との合流に向かっていますよね。


>年末年始の記事も読ませていただきました。nobodyさんが楽しみながら情熱を燃やしている姿が伝わってきますね。胸の奥に響く内容がたくさんありました。
>すべてがメッセージなんですね。
>本当にいつもありがとうございます。
>それでは、またコメントさせていただきますね。


コメントのすべてを通じて思いやりをいただきました。
こちらこそ、本当に感謝しています^^
またいつでも、お待ちしておりますので、もしよかったらよろしくお願いします。
ありがとうございました^^
【2015/01/05 06:01】
08 2018/09 10
S M T W T F S
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
Fiora & nobody