忍者ブログ
年末なのでもうちょっと大事だと思うことを書いていきますね。


自対他の分離というのが、なぜ地上だけの事情と言われるのか、
ある程度意識が拡張するとすぐ思い出すことになるんです。


自分というカタマリなど存在しないことが見えるようになるからなんです。


日本の常識、世界の非常識などと言われるように、
地上の常識、宇宙の非常識なんです。


個として存在しているという感覚にどっぷり浸かったのは、肉体を持ってこの人生を生きて、
しばらくしてからなんですよ。


本当は、意識というのは他人との分離とかないんです。
自分との分離もないです。
自分とか他人というのは映像であって、意識はスクリーン側なんですね。
全然、ちがうものなんです。


そのスクリーン側から見ている視点だけ、綺麗さっぱり忘れてしまっている状態が
「人間として個人化していると思い込んでいる」顕在意識の状態なんです。


ここが大事です。
「スクリーンの意識」がありますよね。これは忘れ去られているんです。
そして「個人の意識」はバリバリ活動していますよね。
そしてこの「個人の意識」は「自分しか存在するわけない」と固く思い込んでいるんです。


ですから、顕在意識としての「あなた」は大いなる愛の光を思い出したときはびっくりします。
自分の中にそんなものが「隠れていた」なんて想像もつかないからです。


他人から侮辱されたり、お前は大したことないなんて言われ続けてきた人も
そのウソがどれほど他愛のないものだったかということを瞬間的に理解します。


この世界まるごとカモフラージュなんですよ。


人のことを好きになる秘訣は、
「その人も自分とまったく同じ愛を求めている」ことに気づけばいいんです。


わたしたちは大いなる愛の光から分離されたことを信じている
「顕在意識のため」
人同士で争ってしまうんです。


本当はみんながみんなのこと一人一人大好きなんです。
どんなに欠点があっても、大好きなんですよ。



二足のわらじ


この世界に生まれて、「二足のわらじを履く」なんてコトワザがあります。
両立しえないような仕事を課されているということなんですが、
限られた物質界の行為と、魂の叫びに応えることは


両立させなければならないことなんです。


魂の叫びには、限られた物質界の行為で応えることはできません。
スピリチュアルというのは、趣味の分野ではないんですね。
全員、一時的に思い出していようが忘れていようが、必須なんです。
霊の調和は、健康はもちろん、経済状態や、仕事の成果にも影響してしまいます。


どちらかを選ばなければならない二律背反ではないですし、なぜ魂の叫びが最重要なのか理解する必要があります。


それは、「それがなければすべてが砕け散る」唯一不変の基盤だからです。


その基盤は放っておいて、人間としての生を楽しめばいいでしょ?という考え方は不正確なんです。


人間として生まれたそもそもの理由が、大いなる愛の光との結びつきを強めるための訓練用のシナリオだからです。
ここで起こる事故や事件、悲劇は教訓として、「わたしの心理的態度」そして「わたしと大いなる愛の光」とはなんなのかマスターするためにあります。


この世というのは、そのために与えられた一時的な修練の舞台なんです。
肉体があるほうが、やりやすいことがあるんですね。


唯一不変の基盤とは、誰のことでしょうか?
これがもしもあなたのことなら、あなたがこれを理解しないまま人生を続けるということは、あなたは変わり続ける自己像を「人形」として抱えたまま、これからのあらゆる苦難に対処しなければならないと「思い込んで余計な荷物を抱えたまま」一種のペナルティを抱えた競技を続けることになります。


この競技は不利です。「あなたが基盤」なのに、あなたはあなたを「それ以下」のものとして押し込めてしまいます。


この基盤について確実に理解している覚醒者を3名上げるなら、
ラマナ・マハルシ
ニサルガダッタ・マハラジ
プンジャジ(パパジ)


だと感じています。


基盤がはっきりとわかるまで、同一視をひとつひとつ外していくんです。
捨てていきます。
それはいまこの瞬間、あなたは同一視しているんですかしていないんですか?という問いかけです。
わたしは誰?
いまこの瞬間、わたしは誰になっているの?
「誰か」になっているのが「手放せるもの」なのか「手放せないもの」なのか検証するんです。
それが探求ですね。



ジョージは安定しない


「ジョージ」が残っているかぎり、アイデンティティとして保持されているかぎり、
安定しないですと?


あなたもわたしもジョージじゃないからです。


ジョージだという思い込みは、間違った思い込みであり、どこかで吹き込まれた誤った観念なんです。観念が問題なのではありません。それを「超信じてる」ことが問題です。


誰が?の質問が大事なのは
今起こっていることを、体験している、気づいているのは誰か?
と問うことで「最も重要な未知」に意識の焦点を戻せるからです。
別の言葉で言うと
「わたしは誰?」です。


それはどこまでいっても既知にはなりえません。つねに未知です。
未知を無視したまま、他のものとも関係をもってもいいじゃない?と思いますよね。
ところがそうじゃないんです。


未知を無視するなら、あなたに振り向いてもらえるまで教訓を贈りましょう。
そういう法則が動いているんです。
それらの教訓がときとしてどれほど悲惨で洒落にならないか想像がつきます。


「それ」は本当にわたしが予測したようなものなのか?なんです。
ジョージではないとわかった人も、もやもやしたゴーストのような「何か」を予測しているかもしれません。
予測のすべては外れています。すべて外れるという性質なんです。
超越と内在は、「それ」の性質とでも言ったほうがいいんです。


つくりあげた自己像というのは、どんなに精巧な自己イメージであろうとも「見られてる」んじゃないの?という質問は急所です。
どんな自己像も「見られてる」のかどうか自分で確かめなきゃいけません。


ジョージが修行しているかぎり、ジョージに誰が気づいているのかが見過ごされてしまっているんですね。この「ジョージがいる=ジョージの奥の存在が見過ごされている」という構造をきちんと理解しなくてはいけないんです。


これ言葉で書くのは簡単ですけど、感覚するのは極めて難しいというか非現実的だと思います。
ふつうですね、「あなたは本当は、ドラえもんの四次元ポケットそのものより変な存在なんですけど、信じます?」と言われて信じる人っているでしょうか?いないですよね。
ファンタジー小説じゃないんですよ?
ノーベル物理学賞をとれる科学者の主張よりも、こちらがほんとうの現実なんです。
幸か不幸か、ほんとうの現実を指すのにIQは必要ありません。
「どんなものとも関係性をもたない」というデフォルトの意識の特性に気づくことができます。
ですから、自分で実際に確かめる(それに決定的に遭遇する)までは詐欺師に騙されている気分になるものなんです。というか、そういう騙されている感覚になるほうが正常です。
それかフワフワした抽象的なものに感じるんです。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
nobodyさんこんばんは。
年内はコメント非公開とのことで絶対投稿しようと思っていたんですが思いがなかなか言葉にならず日が過ぎてしまって。昨日少々慌ててコメントしたんですが・・・こ 公開ですか。
いいですよ^^
私の思いを読んでくださるだけで嬉しいのにお忙しい中返信いただけるとのことで大変恐縮です。
実は明日から一週間ほど家を空けますので、いつ返信いただけるのか分かりませんがすぐには拝見できないかも知れません。
それと、昨日 一人でいるときは感情を解放できる風にコメントしてしまったのですが少し後悔です。一人でいてもリラックスしきれずエネルギーを小出しにしている感じの時も結構あります。
今まで自分を無視してきた分 自分を癒したい
そんな思いです。
今年はnobodyさんに愛と勇気をもらい 少しづつではありますが自分を受け入れることができるようになってきたのかなと思います。
ありがとうございます。
nobodyさん良いお年をお迎えください。^^
青空 2014/12/28(Sun)23:01:34 編集
Re:無題
青空さん、ありがとうございます^^
こちらから先に返信させていただきますね。


青空さんって不思議ですね。背後から本当にすっきりした風が吹いてらっしゃるような「気迫」が伝わってきます。これはお仕事に関する自信のオーラなのかもしれませんね。とっても朗らかで、潔くて、温かい方だなと文面の背後から感じました。


>nobodyさんこんばんは。
>年内はコメント非公開とのことで絶対投稿しようと思っていたんですが思いがなかなか言葉にならず日が過ぎてしまって。昨日少々慌ててコメントしたんですが・・・こ 公開ですか。
>いいですよ^^
>私の思いを読んでくださるだけで嬉しいのにお忙しい中返信いただけるとのことで大変恐縮です。


とんでもないです。
わたしこの日記をネットで書くようになってから感じるようになったんですが、こういうネットの出会いって言葉を交わすタイミングだけでも「最初で最後」になる可能性がすごく高いんですね。
感謝の想いを伝えるのに躊躇したり、照れてる暇もないんです。
青空さんからコメントいただくまでの間、わたし今月に入ってから少し気落ちしていまして、本当に励まされました。お気持ちが嬉しかったんです。ありがとうございます。


>実は明日から一週間ほど家を空けますので、いつ返信いただけるのか分かりませんがすぐには拝見できないかも知れません。


ご配慮ありがとうございます。どうぞお時間のあるときにでもゆっくりお読みいただけたらとっても嬉しいです^^ご返信は本当にお気になさらないでくださいね。
コメントをいただいた御礼をわたしが申し上げたかったんです。


>それと、昨日 一人でいるときは感情を解放できる風にコメントしてしまったのですが少し後悔です。一人でいてもリラックスしきれずエネルギーを小出しにしている感じの時も結構あります。


そうでいらしたんですね^^感情の解放の感覚よりも、わたしが一番青空さんに返信でお伝えしたかったことは、青空さんが「精神的にまだまだ」という言葉を使われてらしたのでその自己像の「奥に」精神的にも物理的にも完璧な青空さんの本体があるのかもしれないことなんです。今この瞬間に、その自己像の奥に、まさに「青空のような」本体があるのかもしれないと思うんです。


>今まで自分を無視してきた分 自分を癒したい
>そんな思いです。


わたしも同じです。
ありのままの自分を直視するのが怖くて、ほんとうの自分と向き合ったことはなかったような気がしています。
癒しに役立てるのは自己防衛がなければないほどお役にたてるそうなので、この日記を書くわたしもなるべく素直に人の温かさを信じて書けるように頑張ります。
青空さんがコーヒーを飲まれるとき、ときどきでもこの日記を思い出して読んでくださったらすごく小躍りします^^


>今年はnobodyさんに愛と勇気をもらい 少しづつではありますが自分を受け入れることができるようになってきたのかなと思います。
>ありがとうございます。
>nobodyさん良いお年をお迎えください。^^


とんでもないです。愛に関しては一年生ですし、勇気はいまだありません。
でも青空さんから勇気をいただきました。
来年氷河期という季節をこの日記書けるかなあと心細く思っていたところだったんです。
また改めて気を引き締めてマイペースで書こうと思いました^^


青空さんもよいお年をお迎えください。
温かいコメントに心より感謝いたします。ありがとうございました^^
またいつでもよろしければお声がけくださいね。
【2014/12/28 23:46】
09 2017/10 11
S M T W T F S
21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]