「正しい」ことについて理念を持ってしまうことは「正しくはない」のである


つまり「正しい」という言葉を使う時、あなたは既に何が正しいかについての【理念】をお持ちである。ところが「正しい」ことについて理念を持ってしまうことは「正しくはない」のである。というのは、この「正しい」なるものはあなたの偏見──おかれた条件、あなたの恐れ、あなたの教養、あなたの会社、あなた自身の特異性である種々の恐怖、宗教的制裁などに基づいてできているからなのです。あなたが物指しであるパターンをもって居られるとしても、そのパターン自身が正しいとは言えない、つまり不道徳なのです。


【『自由への道 空かける鳳のように』クリシュナムルティ/菊川忠夫訳(霞ケ関書房、1982年)】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
01 2020/02 03
S M T W T F S
25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody