忍者ブログ

2日と5日の間にこれが挟まっていたとのこと。
2日は誕生を予告され
5日は飛び込んできたので
言われてみるとその可能性はあるなと感じました。


こういうのは巨大な霊なのでしょうから、日本人全員に影響が出る可能性もあります。
デザインは陽気なお祭り男みたいで好きです。



この絵がどこの誰のものかは書きませんが、記録しておくのは気になるからです。
わたし自体は4日には何も感じませんでした。
感じたのは2日に異常な、今までにないものが誕生するというフィオラの予告と
5日に妙なものが飛び込んだお知らせを受けました。


こちらの絵の方は、ちょっとやな予感がしています。大地震的なものです。
薩摩藩の家紋で、鹿児島どうこうというつもりはありません。


この「鍵」について気にされている方は、わたしの経験的に言うと
松の世(ミロクの世)に渡る鍵=あの世に渡る鍵
な気がするんですね。


いや前回、松の世(あの世側)に関連することを言われた10日後に御嶽山噴火したんですよね。その10日前にフィオラは何があっても「皇を信じるように」と言っていまして、わたしが受けたイメージでは7、8名が死亡して松の世に渡ることになっていました。実際は57名になってしまいました。


ロープウェーのイメージは御岳ロープウェーのことだったかはわかりません。
やな予感の場合、こういう勘は外れてくれたほうがいいんですが、この絵はどうも気になります。


2015年6月6日追記
鹿児島この後異常な雨量と、口永良部島の5月29日の噴火がありました。
今から思えば(後付けですが)この薩摩紋はスコープで狙うような図柄ですね。
この直前の埼玉の深度5も含めて
人工地震の匂いがすると複数の方が指摘されていますが、問題は「鍵」ですね。
亜羅巣可発じゃないとのことですが、


人工だったら誰が、何のために、
そして最終的にどうするつもりなのかが嫌でも紐にくっついてきます。


「波の気持ち」の画像検索結果
「私」の問題をクローズアップする意識の窓を覗くことが人生


全体は全体でしかありません。
全体球は最初から全体球であり、ただ一つの光のボールです。


私たち一人一人が人間化して、70億の兄弟姉妹の一人になっている「ように見える」のがこの世界です。


「私」の問題に囲まれているように見える、のが標準のオプションであって、
本当は「私」も「私の問題」もありません。
あるのは、全体だけ、唯一のスクリーンだけです。


愛が、心に潤いを与えるのは、本性だからです。
肉体に本能があるのとまったく同じように、魂にも本性があります。


魂は、「私」など持っていません。「私の問題」も「私の利益」もありません。
それを考えているのは「思考の上だけで擬人化された錯覚」です。


海は実在だが、波は実在ではないかと言うと、実在です。
波は海から実在性を分け与えられているため、私たちが出会うどの人も実在です。


ですが、その人が亡くなっても、愛も絆も失われていないことがわかるのは、わたしたちが一つの海だからです。


この世で出会うどんな人も、同じ海の化身です。


ではその人がその人である「波」の姿になったのは、何かの間違いでしょうか?
間違いなどありえません。
海の姿は、私たち70億の波の姿でもあります。


波は波であることを楽しんでいいはずです。
でもそれは海であるときのみ、楽しめます。


波の自覚は、分離だからです。
波は、分離に心の底から苦しんでいるんです。


分離とは概念に過ぎないのに、
それをほんとうだと思い込んでいるかぎり、分離感に苦しみ続けることが可能です。


私がないというのは、
意識の境地ではなく、大我、海に降参してしまうことです。


いまあるものが、あるのだから、それを否定はできないのだから、
わたしはある。


あえて分離を見続けようとする人生の試みは、
流れ去っていきます。


分離の概念に誰よりもしがみついているのは、苦しんでいる当人なのです。


この自分に、ありのままのみんなに、今日をありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Fiora & nobody
忍者ブログ [PR]