あなたの人生に起きることは中立的であって、ポジティブでも、ネガティブでもありません。それをポジティブだとかネガティブだとか、あるいはスピリチュアルだとか世俗的だとか、決めているのはあなたです。


あなたは、人生のさまざまなできごとの意味を理解していると思っています。それはまったく真実ではありません。あなたは起きることの意味をなにひとつ理解してはいません。自分でそれに意味を押しつけているだけです。


人生に起きることの意味を理解したいのなら、自分で意味づけすることをやめてください。状況をそのままにしておいてください。十全にそれを感じます。それがなぜ人生に起きたか、そのできごと自身に教えてもらってください。


そのことの中心に達したいのでしたら、「この状況をどう生かせば、自分をもっと完全に愛することにつながるだろう。わたしはまだどんなものを内にためこんで、与えないようにしているのだろう」とたずねてみます。この問いかけで、あなたは問題の核心に入れます。


むりに、恐怖心なしで生きようとしないでください。ただ恐怖心を認め、その中をとおりぬけて、向こう側に出てください。非難しているのだということに気づき、宥しのなかでその中をとおりぬけます。


いつでも選択があるからといって、他ならぬあなたが選択をしなければならないというわけではありません。選択があるのを認め、それに気づくことで、選択の中をとおりぬけてください。あなたの救済のために、あなたはなにひとつすることはできません。つまり、あなたが何やかやをすれば、それはすべて、そこにあるものを発見する邪魔になるのです。



あなたはもう救われているのです。どこかの誰かから救済を買いとる必要はありません。贈り物として来るものを受けいれるということを学ぶだけです。


あなたのスピリチュアリティというものは、いまこの瞬間にだけ、十全に生きることができます。あなたが過去に思ったり感じたりしたことは、このさいまったく関係ありません。それはいま、あなたの目の前の状況とともに起きています。


あなたが闇や貧困を経験するのは、いま贈られている状況のアラを見つけたときだけです。



闇から抜け出そうと努力しないでください。祝福の中に入ろうとがんばらないでください。そういう動きはひとりでに起きます。ただ動きたいと思い、その意欲にまかせます。


あなたが自分自身のためにあれこれ画策することがめったに成功しないのは、ほんとうの自分というものを知らないからです。あなたのセルフ・イメージはずいぶん限定されたものです。あなたへの神の愛の大きさを知りもしないし、感じてもいません。人生のどこかの地点で自分の中のなにかがこわれた、とか、現在どこかの部分を失いつつある、というふうにあなたは考えています。でも、そんなことはありません。あなたのどこも失われたりこわれたりしていません。あなたのすべては、いまここに完全に存在するのです。


たくさんの人が繁栄の意識を学ぼうとしていますが、あなたのやることは繁栄しているようには見えません。なぜでしょう。それはあなたが自分の真の値打ちを知らないからです。もし知っていたら、自分の人生にこれこれが欠けている、なぞとは感じません。持っているものすべてに対して感謝が起こります。


真実を言いますと、すべての思考は繁栄、つまり繁殖していきます。あなたの思い浮かべるすべての考えが、ポジティブあるいはネガティブなエネルギーを現在の状況に増し加えるのです。ネガティブな考えも、ポジティブな考えと同じように繁殖します。あなたがポジティブ・ネガティブ両方のまじりあった考えをもっているからこそ、外的な状況はそれを反映したものになります。


しかし、ポジティブな思考に焦点をあわせても、ネガティブな思考を追い払うことはできません。というか、ポジティブな思考に焦点をあわせればあわせるほど、ネガティブな思考に力を与えてしまいます。このパラドックスからは逃れられません。


だから、あなたは自分のアファーメーション(確言)を忘れてください。アファーメーションは、ちちんぷいぷいのような呪文にすぎません。自分のネガティブな思考を変えようとするのではなく、ただそれに気づいていてください。それにまつわる感情に気づいていてください。そして気づきとともにいれば、あなたは移行していくのです。


”聖なる掟”が働こうとしているときに、それに介入して邪魔をしていれば、助けを受けることはできません。わたしが言いたいのは、あなたは自分で自分をうまく調整して直すことはできないということです。しようとしても、それは意識をただ細分化するだけです。


わたしの言うことは、たがいに矛盾しているように聞こえるかもしれませんね。でも矛盾ではないのです。あなたの人生は、あなたが与えた意味しかもたないのですから、ポジティブな意味でもネガティブな意味でも選択できる、とわたしは言いました。それからまた、あなたの与える意味はいずれにせよ、すべて限定されたものだとも言いました。どちらも真実なのです。


自分の考えをよくながめてみれば、自分の一部はある結果を望んでいるのに、別の一部はちがう結果を望んでいることがわかるでしょう。どちらかを選ばねばならないと感じると、葛藤が起きて、気分が重くなります。


心(マインド)が葛藤状態にあれば、ふたつの相反する選択肢のどちらを選んでも、葛藤状態から抜け出すことはできません。葛藤がさらに重苦しいものになるだけです。


どちらの状態も受けいれることによって、葛藤から抜けられます。言い換えれば、ポジティブな考え、ネガティブな考えの両方を、どちらが上だと順列をつけずに受けいれるのです。これは愛の行為です。


愛はいつでも、いかなる二極性をも超越します。愛はけっしてどちらかに与(くみ)しません。両方の側面を受けいれます。



自分にはわかっていると思うとき、あなたは真理の糸を見失っています。


ですから、どうぞ無理に選択をしないでください。なにが真実でなにが虚偽かは、あなたにはわかりません。いっぽうにだけ賛成し、いっぽうを拒否しないでください。両方を受けいれるか、どちらも受けいれないかです。中立的になれば、人生それ自身の姿が見えてきます。


この中立の場所が見いだせなければ、あなたは人生のできごとに自分勝手な意味を押しつけますから、いつでもそこには貧困、処罰といった側面があらわれてきます。だってあなたは自分の値打ちを知らないのですから。


あなたがこわれていれば、どうやって自分を直せますか。あなたが分裂状態、葛藤状態にあれば、どうやって全体性をつくりだせますか。こわれていないものだけが、その全体性を経験できるのではないでしょうか。


兄弟よ、理解してください。いまこの瞬間には、あなたにも、あなたの人生にも、なにひとつまちがったことはありません。すべてはあるべきとおりにあるのです。いまこの瞬間に、あなたは完璧に愛されています。


あなたはいま苦しかったり、悩んだりしていますか。いるかもしれませんね。でもそれだから、あなたが完璧に愛されているのではない、ということにはなりません。苦しんでいるときは愛から切り離されているのだという考えは、あなたがこの状況に対して押しつけた考えです。ほんとうは、あなたの信念以外はなにひとつ、あなたを愛から切り離すものはありません。苦しいのは、自分が愛から切り離されていると思ったり感じたりするからです。


あなたは状況の真の姿を変えてしまっています。原因と結果をとりちがえています。あなたの恐怖心がそうさせています。このことを理解すれば、葛藤から抜け出られます。気づきを深めていってください。あなたのエゴのドラマ全体を、ありのままに見てください。


自身の恐怖心を通して、この世界の経験のしかたを創造していることを理解してください。見たものを受けいれ、それがひとりでに変化していくにまかせます。


観念的な話であなたを混乱させたくはありません。でも、自分の恐怖心がどれほど真実を変えてしまっているかを理解しなければなりません。恐怖心はあなたを世間の犠牲者にしたてあげますが、それは真実ではありません。犠牲者の立場にいるかぎり、愛の中における自分の創造力やアイデンティティに気づくことはできません。


犠牲者ごっこはやめてください。それはむなしいゲーム、鏡のゲームです。あなたに害を与える人は、あなたの無価値感が形をとってあらわれたにすぎません。あなたが自分の鏡の中に、彼の存在をつくりだしたのです。立ち上がって、自分がいかに自分を憎んでいるかをはっきり告白し、その人を解放してください。その人に恨みをもつことは、あなたのためになりません。その人を罰しても、いい気分にはなれません。


あなたをしいたげる人たちを、解放して自由にしてあげてください。かれらのために祈り、祝福をおくります。償わせてやるという思いで、自分に縛りつけないでください。愛と励ましの言葉をもって、かれらをおだやかに立ち去らせます。そうすれば、自分自身をも解放したことになるのがわかるでしょう。


宥しの力がいかに大きいものか、こまごまと説いてきかせることはできますが、実際に経験してみるまでは、その力の大きさはけっしてわかりません。進んで自分自身を宥そうとする気持ち、他人を自分の判断・批判から解き放とうとする気持ちは、その環境にいるあいだに知りうる最大の力です。これより大きなたったひとつの力は、愛そのものの力です。そして恐怖心のヴェールをはぎとることのできる宥しの行為がなければ、愛の力もとらえることはできません。


けれど勇気をもってください、友よ。あなたが宥しを行うたびに、あなたは自分の愛する能力にはめてしまった条件づけを、ひとつひとつ溶かしてゆくのです。あなたが宥すたびに、愛はより深くあなたの中で目覚め、その愛を拡大する能力もまた増してゆきます。それが旅の本質です。心を安らかにもってください。必ず故郷に帰れます。






今日をありがとうございました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お久しぶりです
人生には色々な事があって覚醒すら忘れてしまう様な出来事も起こり、、、私も長い間続いていたそれに留まるという事が揺らぎ、焦り、、、
でもこの記事を読んでほっとしました
全ての起こる事は愛である、自分への気付きである、それは魂の救済に繋がる何かである、それをまた思い出しました。生きるとはまさに命がけの、この心を試されている手強い試練ではあるけれども深い所には愛がありネガティブだと思う自分の心に何かしらの解決しなくてはならない問題がある、、、

スピは難しくて「私」も「心」も本当はないのだけれどある側面からみればあるから言葉にするのは難しいですね(笑)
生きている限りはこの試練を楽しめはしないけれど真摯に向かい合おうと改めて思いました
そんな幻想の「私」よ頑張れ!(笑)
こい 2015/06/24(Wed)01:45:17 編集
Re:無題
こいさん、こんばんは。お久しぶりです。またコメントいただけてとても嬉しいです。


>お久しぶりです
>人生には色々な事があって覚醒すら忘れてしまう様な出来事も起こり、、、私も長い間続いていたそれに留まるという事が揺らぎ、焦り、、、
>でもこの記事を読んでほっとしました
>全ての起こる事は愛である、自分への気付きである、それは魂の救済に繋がる何かである、それをまた思い出しました。生きるとはまさに命がけの、この心を試されている手強い試練ではあるけれども深い所には愛がありネガティブだと思う自分の心に何かしらの解決しなくてはならない問題がある、、、


神には愛しかない。神は100%の愛だとこいさんが教えてくださった日のことを今でも覚えています。今日はこんなことを言っていてもまた見失うかもしれないとおっしゃっていましたが、あのときほんとうに嬉しかったです。こいさんを通じて、わたしは真理に触れさせていただきました。
愛は表面上は愛に見えなくて、それが「現実」と呼ばれているんですね。
出会う他人も、心ないように見える出来事も、すべてはわたしの成長、全体の成長、わたしたち一人一人が所属する霊的グループの成長、そして愛そのものの神への貢献、それらすべてがわたしたちという自由、愛、歓喜です。


成長はスパイラルみたいにぐるぐると廻り廻るのは、みんなおんなじ実感じゃないでしょうか。疲れきってしまうときもありますよね。
わたしも後退しているようにしか思えないことばっかりです。でもその想いも愛でできていて、愛に合流したがっている、そう思うようになりました。
最近聞いたんですが、自殺者が3万人越えから2万5千人ほどに減少したそうです。
5千人減らせたのなら、もう5千人減らすこともできますよね。
わたしたちは恥ずかしがらずに、人の痛みに声をかけて寄り添っていけるのではないかと思います。


>スピは難しくて「私」も「心」も本当はないのだけれどある側面からみればあるから言葉にするのは難しいですね(笑)
>生きている限りはこの試練を楽しめはしないけれど真摯に向かい合おうと改めて思いました
>そんな幻想の「私」よ頑張れ!(笑)


命がけで何かに向かっている方は、本人が気づかなくてもみんなかっこいいです。
そして優しさのある男は尚更かっこいいですよ。
また勇気をいただきました。こいさん、お体に気をつけて、ご自愛くださいね。
また次のコメントを楽しみにお待ちしてます。ありがとうございました。


最近感じるんですが
「あなたは神に愛されている」ということを出会うすべての人に眼差しで伝えることさえできれば、人間関係のほとんどは解決するような気がしています。
【2015/06/25 00:43】
無題
こいさん、こんばんは。お久しぶりです。またコメントいただけてとても嬉しいです。

>>ご無沙汰してました、私も毎日拝見してます!!

神には愛しかない。神は100%の愛だとこいさんが教えてくださった日のことを今でも覚えています。今日はこんなことを言っていてもまた見失うかもしれないとおっしゃっていましたが、あのときほんとうに嬉しかったです。こいさんを通じて、わたしは真理に触れさせていただきました。
愛は表面上は愛に見えなくて、それが「現実」と呼ばれているんですね。
出会う他人も、心ないように見える出来事も、すべてはわたしの成長、全体の成長、わたしたち一人一人が所属する霊的グループの成長、そして愛そのものの神への貢献、それらすべてがわたしたちという自由、愛、歓喜です。

>>その日があったのを懐かしく思い返します、あの時期はまさに脱皮の最中でした
>>昔の自分に勇気をもらえますね、ありがとうございます
>>表面上は愛に見えないですよね、全く(笑)
>>最近、すべての出来事は愛で、それは「あなたは底知れぬ力そのもの、あなたがその愛の力を発揮する為に自立しなければならない、
>>自由になりなさい、気づきなさい、そして歓喜しなさい」
>>と言ってるように思えます。他人に明け渡している自分のパワーを取り戻せ、それには自分自身に尊厳を持ちなさい、と言われている
>>と感じています

成長はスパイラルみたいにぐるぐると廻り廻るのは、みんなおんなじ実感じゃないでしょうか。疲れきってしまうときもありますよね。
わたしも後退しているようにしか思えないことばっかりです。でもその想いも愛でできていて、愛に合流したがっている、そう思うようになりました。

>>手を替え品を替え成長の壁が襲ってきますね(笑)
>>でもそれも愛です、それは間違いないです
>>本当の自分に気づく為の、本当に自分が求める物が何か、欲望にさらされていない本質的な魂の求めているものが何なのか
>>2元制の世界でレッスンを受けている感じです、我々は本当は何を求めているのかすら自分で分からない事がありますからね


最近聞いたんですが、自殺者が3万人越えから2万5千人ほどに減少したそうです。
5千人減らせたのなら、もう5千人減らすこともできますよね。
わたしたちは恥ずかしがらずに、人の痛みに声をかけて寄り添っていけるのではないかと思います。

>>素晴らしいです
>>みんな大差のない悩みを抱えていてもそれを表現する事が恥ずかしいとされる時代より
>>痛みを感じたら、涙を流せるような世界にしたいですね


命がけで何かに向かっている方は、本人が気づかなくてもみんなかっこいいです。
そして優しさのある男は尚更かっこいいですよ。
また勇気をいただきました。こいさん、お体に気をつけて、ご自愛くださいね。
また次のコメントを楽しみにお待ちしてます。ありがとうございました。


>>毎日このブログを更新されているnobodyさんこそ僕にはとても真似出来ない事をされていて格好いいです
>>最近、あなたの優しさは結局みんなを傷つけていると言われるという神様からの特大の「愛」を経験したので(笑)
>>nobodyさんのお言葉に癒されます

最近感じるんですが
「あなたは神に愛されている」ということを出会うすべての人に眼差しで伝えることさえできれば、人間関係のほとんどは解決するような気がしています

>>素晴らしいです、本当にそれだけで世界は変わりますね
>>まなざしで伝える、僕も実践します

nobodyさんもくれぐれもご自愛下さいね
また書き込みさせて頂きますね
それではまた!!










NONAME 2015/06/25(Thu)02:33:00 編集
Re:無題
こいさん、ご丁寧な返信をありがとうございます。


>>>ご無沙汰してました、私も毎日拝見してます!!


ありがとうございます。


>>>その日があったのを懐かしく思い返します、あの時期はまさに脱皮の最中でした
>>>昔の自分に勇気をもらえますね、ありがとうございます
>>>表面上は愛に見えないですよね、全く(笑)


愛どころか、氷に感じたりもしますね。


>>>最近、すべての出来事は愛で、それは「あなたは底知れぬ力そのもの、あなたがその愛の力を発揮する為に自立しなければならない、
>>>自由になりなさい、気づきなさい、そして歓喜しなさい」
>>>と言ってるように思えます。他人に明け渡している自分のパワーを取り戻せ、それには自分自身に尊厳を持ちなさい、と言われている
>>>と感じています


自立。パワーを取り戻せ。自分自身に尊厳を持ちなさい。
おっしゃるとおりだと思います。自分のいまの意識状態に責任を持つことだけが問われているとエックハルト・トールも誘導されていたことを思い出しました。
誰かのせいにしたとき、パワーはその誰か側に行ってしまって、自分で責任をとる覚悟を定めるまではパワーが迷子になってしまうんですよね。


今までにわたしが放った悪影響・悪想念もどってきて!
ぜんぶわたしのところで面倒をみる!
そういう覚悟ですね。


>>>手を替え品を替え成長の壁が襲ってきますね(笑)
>>>でもそれも愛です、それは間違いないです
>>>本当の自分に気づく為の、本当に自分が求める物が何か、欲望にさらされていない本質的な魂の求めているものが何なのか
>>>2元制の世界でレッスンを受けている感じです、我々は本当は何を求めているのかすら自分で分からない事がありますからね


バーソロミューの比喩のなかにこういうものがありました。
「あなた方がここで理解するようになるのは、どんな感情もどんな考えもどんな行動も<それ>である、ということです。<それ>というのは神のことです。あなたの一部が新しい体験を求めているあいだ、別の部分はすでにそれを体験しているのです。自分の存在のうちで<ただ体験している>部分とつながることができると、あらゆることに喜びを感じるようになります」


わたしたちは普段はそれとは反対に、体験している内容を善悪で区別し、快苦で区別し、分析することに忙しいですね。
<ただ体験している部分とつながる>ことが真の望みであることは、顕在意識には理解ができません。


>>>素晴らしいです
>>>みんな大差のない悩みを抱えていてもそれを表現する事が恥ずかしいとされる時代より
>>>痛みを感じたら、涙を流せるような世界にしたいですね


同感です。


>>>毎日このブログを更新されているnobodyさんこそ僕にはとても真似出来ない事をされていて格好いいです
>>>最近、あなたの優しさは結局みんなを傷つけていると言われるという神様からの特大の「愛」を経験したので(笑)
>>>nobodyさんのお言葉に癒されます


とんでもないです。
人の言葉は大きなメッセージであると同時に、愛の不在の助けを求める叫びであることも多いですよね。


>>>素晴らしいです、本当にそれだけで世界は変わりますね
>>>まなざしで伝える、僕も実践します
>
>nobodyさんもくれぐれもご自愛下さいね
>また書き込みさせて頂きますね
>それではまた!!


はい、楽しみにしてますね。ご返信ありがとうございました。
【2015/06/26 00:38】
01 2020/02 03
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28 29
HN:
Fiora & nobody