われわれが瞑想中の空間体験を語るときは、まったくべつの次元を扱っている。
この空間体験では、時系列の序列は同時的な共存状態に変わってしまい、並行してものごとが存在するのである。とはいっても、それは静的なままあるのではなく、時間と空間が一体化された活発な連続体になるのだ。
ラマ・ゴヴィンダ


ほとんどの者が、時は過ぎるものと信じている。しかし実際は、時は在るところにとどまっている。過ぎるという観念が時とよばれているのかもしれないが、それは正しくない考えだ。時は過ぎるもの、と見る。だから、時が在るところにとどまっているのが理解できないのだ。
道元
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
05 2018/06 07
S M T W T F S
24 25 26 27 28 29 30
HN:
Fiora & nobody